2017年10月19日

ニースのお土産

いつでも、どこへ行っても、
お土産の90%は食品。


その一部が、こちら。

DSC_0962.JPG

マイユのマヨネーズとか、
プロヴァンスの銘菓とか、
スーパーの家庭用食材とか、いろいろありますが、

ニースでのおすすめ食材土産は、


DSC_0965.JPG

ニース産ワイン『ベレ』

フランスで最も希少なワインといわれています。
ニースの丘の歪んだ斜面にあるワインナリーーでは、
機械作業ができず、ずべて手作業なので、
生残量が限定され、
日本では、まず手に入らないらしいです。

ニースだから、ロゼがいいかな?
と、思っていたら、ワインショップのお姉さんは、
「ベレは、断然、白がいい!!」
と言うので、白ワインを購入。


DSC_0966.JPG

ニースの老舗菓子店『Auer』は、
ガイドブックにも載っている有名店なので、
お土産にはいいと思いますが、
結構、お高いです。
砂糖漬け菓子が店のイチ押しで、マロングラッセや、
オレンジピール等は、さすがに美味しいけど、
自宅用に買うなら、
おすすめはこちら

DSC_0967.JPG

『アジャン』のプルーン

これは、その辺のスーパーで、どこでも売っています。
南仏アジャン地方のプルーンで、
プルーンのイメージが変わるくらい美味しいです。

自宅で、プルーンの赤ワイン煮を作るのが楽しみ。

お教室でも、このプルーンを使ったデザート、
ご紹介しますね!



DSC_0963.JPG

フランス土産お約束の『バター』

日本で売っているバターもありますが、
とにかく安くて、買わずにはいられない!
でも、ニースはどこを探しても
『エシレ』のバターは見つかりませんでした。
でも、フランスのバターは、
なんでも美味しいのでOK!!


DSC_0968.JPG
ブイヨン各種

マギーとか、クノールは、日本にもありますが、
ポトフや、ブーケガルニのフレーバーはないし、
チキンやコンソメの味も、日本とは違います。

自宅に帰ってからも、料理をしながら旅の余韻が
味わえるっていうのが、良いです。


DSC_0969.JPG

最後は、食べ物じゃないけど、
子供のお土産用に、フランスの文具。

どことなく、「がいこくっぽい」ところが、
子供に伝われば、それでOK!!✋


posted by みゆき at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

シャガール美術館のカフェ@ニース


美術館に併設されたカフェが好きです。

日本でも、美術館の中に素敵なカフェや
レストランが増えましたよね。

私が今まで行った中で、一番印象に残っているのは、
パリの『ジャックマールアンドレ美術館』のカフェ。
華麗な邸宅の中にあるのですが、
美術品だけでなく、その佇まいが芸術的で、
カフェも、19世紀のブルジョワ空間を想わせる
優雅なものでした。


今回、ニースでは、

IMG_20171015_1.jpg

シャガール美術館へ行ってみました。

そういえば、
今回色々なレストランへ行ったのですが、
不思議と日本人に全く会わなかったなあ。
と、思っていたら、
ここシャガール美術館では、日本の団体さんも
お見かけしました。

そして、美術館の庭園カフェへ。

DSC_0758.JPG

ここで、お天気のいい日に、
ぼんやり読書でもしたら、気持ちいいだろうなー。

クレープは、
粉砂糖とレモンだけのシンプルなもの。

こういうのが、美味しいのよね




posted by みゆき at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

エズの2つ星レストラン

シャトー・ド・ラ・シェーブルのディナーは、
ホテルのメインダイニングにて。

IMG_20171013_8.jpg

夕暮れの景色を見ながら、ディナーがスタート。


DSC_0808.JPG

キャビアがたっぷりのった前菜ですが、
この前に、スターターとして、
5品くらいのお皿が並び、
早くも、お腹がいっぱいになってしまって、
記憶が薄くなっています。

旅の後半になると、
もう、食べ過ぎで、朝目覚めた時から満腹💨

強靭な胃袋と、
アルコール分解能力が高い肝臓を持った、
欧米人が羨ましい💧


DSC_0809.JPG

イカをここまでエレガントな1皿に昇華させるのは、
流石です。香りと食感が絶妙のバランス。


DSC_0813.JPG


お肉料理はラパン。
久しぶりに、ウサギ肉を食べましたが、
こんなに美味しかったっけ?と思うくらい、
クセがなく味わい深かったです。
ソースもコクがあるのにまろやかで、
上質のマスタードと合わせるという食べ方が
すっかり気に入りました。

IMG_20171013_9.jpg

このレストランは2つ星でしたが、
お値段は、日本の3つ星よりお高い、かな?

ま、夢の国なので、
なにも考えず幸福感に酔うのが正しい時間の使い方。

翌月の支払い日に、夢がさめるまで。

夢の時間は、瞬く間に過ぎて行きました。


posted by みゆき at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする