2017年03月15日

精養軒

週末のお墓参り。
その後の食事会に、87歳の叔母が指定した店が
上野の精養軒。
日本のフランス料理の歴史を作った草分けの精養軒。
実は、上野の本店に行くのは初めてなので、
ちょっと楽しみに、予約を取りました。

子供達に、
「今度の週末は、精養軒に行くのよ

と言うと、子供は渋い顔。

「うー⤵⤵、行きたくないなあ💧」

 なんで?!

よく聞いてみると、
『精養軒』を『日能研』の姉妹校だと思ったらしい。
週末に、新しい塾に連れて行かれると思ったのねー。
笑える。


精養軒は、カジュアルな『カフェラン ランドーレ』と、
本格フレンチの『グリル フクシマ』に分かれていて、

今回は、夏目漱石や森鴎外の文学作品にも登場する
メインダイニング『グリル フクシマ』へ。

DSC_2658.JPG

クラシカルな店内は、
格式が感じられる落ち着いた雰囲気。

カトラリーやグラスも歴史を感じる素敵なものでした。

DSC_2662.JPG

お料理は、味も見た目も正統派。
フレンチの教科書に出てきそうなコースです。


IMG_20170315_1.jpg


87歳の叔母は、大絶賛。
昔、美味しいと感じたフランス料理の味、そのものだと
言っていました。

フレンチの原点。この味を経てきた歴史を
舌に記憶させたいと思った昼のひとときでした。

posted by みゆき at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

『明治おいしい牛乳』タイアップレッスン

今月は、『明治おいしい牛乳』とのタイアップレッスン中

IMG_20170228_1.jpg

まずは、アミューズとして、
『明治おいしい牛乳』で作った自家製チーズ。

チーズって、こんなに簡単にできるの?!

と、驚きの声があがりましたが、
おもてなしのスタートに出しても、
「どうやって作るの?」と会話が弾みそうな1品です。

今回は、海老と白身魚をペーストにして、
胡麻をまぶして揚げた『胡麻のカナッペ』と一緒に
一皿の前菜にしました。

IMG_20170309_2.jpg

メインの『鶏肉のブランケット・キャロットライス添え』や、
デザートの『ヨーグルト・ポムポム』の付け合わせの
ラム酒のアイスクリームにも、

『明治おいしい牛乳』たっぷり入ってます

IMG_20170309_3.jpg


後味がさっぱりしていて、牛乳のクセが残らないので、
料理やデザートに使いやすいですね。

後日、『明治おいしい牛乳』キャンペーンHPでも、
私のレシピを掲載予定です。

さて、今日は
『明治おいしい牛乳』って、何回言ったしら?

以上、
『明治おいしい牛乳』 タイアップレポートでした
posted by みゆき at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

キッチンのハンドケア

キッチン用のハンドケアとして、
キューピー(株)が発売した



DSC_0421.JPG



清潔感のあるデザインが、キッチンにぴったりで、
まさに、こういうの欲しかったー
と、嬉しくなる商品です。

コンセプトは、
『料理するだびに、輝くような手に』

無臭のハンドクリームや、
塗る手袋のように手を保護するハンドベール、
手についた食材の匂いを取るハンドクレンジング、
ヒアルロン酸配合のハンドソープ

食品会社が開発したというのも、信頼できます。

ひと昔前までは、ぴかぴかの手をしている主婦は、
「りょーり、してないんじゃないのー?」
なんて、言われたりしていましたが、
ぱっぱと料理をこなしながらも、
何もしていないような、美しい手でいる女性って、
ものすごく素敵ですよね。


DSC_0427.JPG

私も、もう少し美意識を高めて、
ハンドケアを見直そうと思いました。



posted by みゆき at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする