2017年08月30日

WINE SKIN

ワインを、荷物と一緒に運ぶために
便利な『ワインスキン』

DSC_0419.JPG

ビニールコーティングしている中に、
プチプチが入っていて、ワインを安全に運べます。

デザインもすっきりしていて、
テープを張らなければ、何度でも使用可。

DSC_0421.JPG

たとえば、
キャンプに持って行くとか、
外国で買ったワインを持って帰って来る時とか、
もう、バスタオルをぐるぐる巻きにしなくても、
安心して運べます。

めったに使わないけど、
あれば嬉しいワインスキン🎵
posted by みゆき at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

キャンプ

週末に、弟家族と両親と共に、
キャンプへ行って来ました。

IMG_20170828_2.jpg

超インドアな私達家族と違って、
弟夫婦は、ほとんどの週末をキャンプで過ごし、
キャンプの雑誌にも登場しているほど、
超アウトドア・ファミリー。

今回は、初心者にも優しいキャンプ場を選んでもらい、
初キャンプ体験です。

組み立てたり、運んだり、火をおこしたり、
慣れないと、それだけで疲れてしまいそうですが、
キャンプの達人は、これが日常の一部みたいです。


IMG_20170828_3.jpg

ダッチオーブンも、上下で炭に当てて加熱するので、
本来の威力を発揮。
焼いて、塩だけ。
という調理法も、自然の中では、充分美味。

都会で過ごす贅沢な休日では、
完全に頭がオフになる事はなく、どこかで、日常の
雑念を引きずっているものですが、
自然の中では、人間の思考はとてもシンプルになるようです。

自然のままに、飾ることなく、ただ自然の時間を楽しむ。

人間が、お金と時間と労力を使って作り上げる『癒し』も、
山の風や、星の空や、緑の匂いや、川の音には
及ばないのだなあと、実感しました。

翌朝、

IMG_20170828_4.jpg

ハンバーグを焼き、バーガーを作り、ビールでランチを
食べる頃には、弟家族のキャンプに夢中になる気持ちも、
なんとなく分かるような気がしました。

毎週は無理ですが、3か月に1度・・・いや半年に1度、
うーん、1年に1度くらいは、達人たちに便乗させて
もらおうかな。



posted by みゆき at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

感動的な台所道具

仕事柄、キッチングッズはわりと沢山持っているし、
新しい調理器具を使う機会も多いと思う。

最新家電の性能には、いつも驚かされるし、
アドバイザーとして、モニターをしたり、
商品開発に携わったりもする。

そんな中で、
(あまり大きな声ではいえないけど)、
ここ数年で、一番感激した道具。

感激というか、感動に近いと思う。


経済産業大臣指定の伝統工芸士が作る

これこれ

2017-08-22-21-28-09.jpg

え? おひつ?!

と意外に思われるかもしれませんが、
私も、実はあまり興味がなかった『おひつ』

もちろん、
炊いたご飯をこの中に入れれば美味しくなるんでしょ。
という知識くらいはありましたが、

なんてったって、面倒でしょ、そんなの。
炊き上がったらすぐ食べればいいんだし、
なんで、わざわざご飯を入れ替えるのよ!
洗い物も増えるし! 

って思うでしょ!

でも、これが、これが、これが、

 本当にご飯が嘘のように美味しくなる!!

もう、今まで日本人として、
おひつを使わなかった自分が恥ずかしいくらい。
これを次世代に伝えないのは、コメ文化と日本の知恵を、
正しく継承しない事と同じだと思う。

湿気を取って、美味しいご飯にするだけじゃなく、
夏でも、2日間くらい、いたまない。
お弁当も、おひつに移してから詰めると安心。

ご飯は、まとめて炊いてチン。の時代ですが、
もし、私に娘がいたら絶対に嫁入り道具に持たせます。
息子でも、持たせたいくらい。
お嫁さんは、物凄く、うっとうしいだろうけど。

2017-08-22-21-29-51.jpg

何より、こんなに熱く語れる台所用品て、
最近のものには、あまりないなあ。と思うのです。

まだまだ語れます。
私を見かけたら、
「おひつのご飯、どうですか?」
って聞いて下さい。
語り続けます。








posted by みゆき at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする