2018年08月16日

残念な『ヘブンスそのはら』対処法

『日本一の星空が見える場所』
として、4〜5年程前から、SNSで話題の
長野県阿智村の、『ヘブンスそのはら』

横浜からだと、車で片道5時間位かかりますが、
宣伝の写真が、あまりに素敵なので、
家族で出掛けてみました。

当日は、あいにくの曇り空☁
当然、星は見えません。
天候に左右されるイベントは、仕方がない事ですが、
図鑑も天体望遠鏡も持って、はるばる来たのに、
かなり残念な結果


photo.png

標高1400mの地点で、
あちこちから、ため息が出ていました。

山の天候は不安定で予報の当たる確率は
かなり低いので、こちらを目当てに訪れるなら、
「星が見れなくても楽しめるプラン」
を、盛り込んでおくことをお勧めします。

たとえば、その@
日中に、【天竜川の舟下りを体験する】

星.png

川の流れに身を任せ、山からの風が心地良い。
船頭さんが笛を吹いたりして、
演出も、なかなか良いです。
(カリブの海賊のリアル版のようで楽しい)


たとえば、そのA
【美味しいお蕎麦を食べる】

ほし.png

信州といえば、蕎麦。
美味しいお蕎麦屋さんをチェックしておく。
私は、チェックしていたお店が臨時定休日で、
二重のショックでしたが💧
(でも、たまたま入ったお店も美味しかった♪)


たとえば、そのB
【昼神温泉に宿をとる】

photo.png

たとえ星が見れなくても、
美味しい夕食と温泉があれば、
かなり気持ちも回復します。

昼神温泉は、
強アルカリ性質で、しっとり浸みるような泉質。
よく「化粧水のような」と表現されますが、
確かに、ボディーローションをつけたような、
なめらかな湯でした。
(この泉質は、美肌効果、期待できそうです!)

ということで、
悪天候の『ヘブンスそのはら』を、
残念に終わらせないための、事前準備3カ条でした。


posted by みゆき at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。