2018年08月01日

小田原城とおでん

IMG_1014.jpg

夫と次男が「城に行きたい」というので、
小田原城に出向く。

35℃以上の日は、『猛暑割引』があるんですって。
(この情報、役に立つかしら💦)

この日も暑くて、着くなり、

IMG_1020.jpg
アイス購入。

小田原市で作った低農薬レモンのアイスが、
お城の売店で売っていました。

それにしても、小田原城、
耐震工事を終え、まるで博物館のように、
充実した展示物と資料。
そして、図書館のような涼しさ。

猛暑に城。
快適で新しい夏の過ごし方かもしれない。

歴史資料の中で、
秀吉が構築したという一夜城『石垣山城』

一夜城って、どうやって作るのかと思ったら、
完成後に、周囲の木を伐採して、
一夜にして城を作ったように見せていたのですね。

秀吉、演出家だわー!!
浅利慶太もびっくりの、大演出。

朝起きて、
敵の巨大な城が、突然目の前に建っていたら、
確かに、戦闘意欲失くして、降参します。

こういうサプライズ的発想力を持った人は、
現代でも成功している人が多いですよね。

私は、一夜城っていうと、
バブル時代の建物が浮かんじゃうくらいの
発想力ですが・・


さて、小田原グルメといえば、
『かまぼこ』

そんな、練り物の街にぴったりなお店が、

IMG_1049.jpg


このお店、8年前位から、ずっと行きたかった
のですが、駅からちょっと距離があるし、
なかなか訪れる機会がなく、念願かなっての訪問。

家族には、
「嘘!この暑い日に、おでんですか?!

と、文句を言われながらも、
小田原城からなら、歩いて行ける距離。

IMG_1052.jpg

雰囲気のよい店構え。

IMG_1053.jpg

カウンターは、いっぱいだったので、
テーブル席でいただきました。

IMG_1059.jpg

それそれのタネが、違う老舗の蒲鉾屋で
作られていて、さすが練り物の街ならではの、
ひと味もふた味も違う、しっかり主張がある
おでん種の数々。

あー、ここは、夜にカウンターを予約して、
日本酒飲みながら、
全種類食べてみたい!!

最初は、小田原の町おこしの意味も込めての
オープンだったらしいけど、
今や、小田原を代表するグルメ店の1軒。

『小田原城』行って、『和菓子菜の花』でどらやき買って、
小田原おでん』食べて、目の前の『丸う田代』で、
蒲鉾と黒はんぺんを、買って帰る。

おすすめ散歩道でした。

posted by みゆき at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。