2013年03月17日

ヴィラデルソル@熱海

熱海にあるオーベルジュ『ヴィラ・デル・ソル
たまには親孝行を!と計画し、母と一緒に週末に訪れました。


DSCN7211.JPG

国の登録有形文化財にも指定されている、
瀟洒な洋館。
70歳を過ぎても乙女チックなものが大好きな母は、
きっとこの建物が気に入るに違いないと
予約の段階で確信してたのだけど、


DSCN7212.JPG


海を見下ろす、お庭から、
ロビーに入った頃には、


DSCN7156.JPG

すっかり、洋館の女主人になりきってるしがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

ずっと住んでいたかのような、
馴染みっぷりであったダッシュ(走り出すさま)


7室あるお部屋は全てオーシャンビュー。

DSCN7160.JPG
今回は、母の誕生日を伝えてあったので、
お部屋には、シャンパンと薔薇が用意されていました。

母の誕生日祝いというより、
プロポーズか?!というベタな演出だなあと思いつつも、

洋館+庭園+薔薇 で、かなり気分も
上がってきたことろでグッド(上向き矢印)早速温泉にわーい(嬉しい顔)

ここのオーベルジュは、温泉の源泉に近いので、
とてもいい温泉が2か所ある。

専用の階段を上って温泉に向かうと、途中に

DSCN7165.JPG

こんな素敵なお休み処がぴかぴか(新しい)

  空中湯上がり処 『青梅テラス』

ここで、海と夕陽を見ながら、
お風呂上がりに、ビールやお茶をいただける。

洋館+庭園+薔薇+温泉+ビールだ。幸せっ

でも、幸せな時間はこれからが本番グッド(上向き矢印)
オーベルジュというのは、
美味しいお料理を堪能できる宿泊レストラン。という意味。

お待ちかねのディナータイムレストラン

DSCN7168.JPG

気品漂うダイニングでいただけるのは、
伊豆の風土や名産を活かした、魚介のフランス料理。

DSCN7170.JPG

蒼色から濃紺へ、移りゆく海を見ながらの
ディナータイムは、都会のレストランでは
味わえない贅沢な時間。

DSCN7176.JPG DSCN7177.JPG
DSCN7182.JPG DSCN7184.JPG
DSCN7185.JPG DSCN7186.JPG
DSCN7187.JPG


新鮮な魚介を活かしたコースは軽やかで、
全く胃にもたれない。ソースより素材を活かした、
シンプルな調理法に、母も「美味しい揺れるハート」を連発していました。
あいなめのマリネや、ズワイガニのリゾット
焼きはまぐりや、スープ・ポアソン、
ヒラメのムニエルに、野いちごのベリーニ。
ディセールはトリュフ・ショー。

食事の後はエステで熟睡眠い(睡眠)

DSCN7189.JPG

年代を問わず、女子の好きな事が
詰め込まれているような宿。ここは是非
母娘、姉妹で訪れるのがよいと思う。


今回、一番印象に残ったのは、
お部屋から見た、朝日。
オレンジ色の大きな太陽が昇る景色は圧巻です。

「朝、太陽が昇る景色は是非見て下さい」

と、前日に教えていただいたのですが、
本当に、迫力のある光景でした。

『ディラ・レル・ソル』は『太陽の館』という意味。
母と見た今日の太陽は、
忘れられない思い出のひとつになりそうです。






posted by みゆき at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。