2012年01月31日

サーモン半身

今月のお教室では、
サーモンを使ったレシピをご紹介していました。


DSC_3398.JPG

今回、生食用のサーモンを皮面だけ焼いて、
レアに仕上げて、ワインソースを添えていましたが、

サーモンの厚みと鮮度にこだわりがあった為、

毎回、デパートの魚屋さんで、
サーモンを半身で、購入していた。

サーモンの半身って、



DSC_3403.JPG


こんなに、でっかいのだexclamation×2
(写真に入りきれてないしたらーっ(汗)


上の写真は、大きさ比較の為、
後ろに移っているのは、ディナーフォーク!


これを、毎回のレッスンごとに、
身が傷つかないように、両手で抱えて運んでいたのだが、

外は雪が降ったりで、

   私は、北海道のヒグマ?!

みたいな姿だった。

でも、皆様にご好評で、私としては嬉しい限りなのだが、

問題は、このサーモンが毎回、たくさん余る。

お刺身にしたり、焼いたり、サラダにしたりと、
いろいろ工夫して食べていたのだけど、

さすがに、月の後半になると

飽きる・・・・


次男には、寝る前に、
「明日のお弁当には、ピンクのおさかな、入れないでよexclamation
と、ストップをかけられてしまったし・・・あせあせ(飛び散る汗)

長男には、
「このお魚、特別に栄養あるの?」
と、嫌味なのか、無邪気なのか、分からない質問をされるしで、


それじゃさ、

今、流行ってるやつを登場させるか。


DSC_3484.JPG サーモンの塩こうじ漬けぴかぴか(新しい)


塩こうじは、こちらのお店で、生の米こうじを購入して、
塩と水を加え、自分で作っているのだけど、
市販のものでも、もちろん大丈夫。

サーモンに塩こうじを塗って、
そのまま一晩冷蔵庫に入れて、
翌日、余分な塩こうじを取り除いて、
そのまま魚グリルで焼くだけ!

ワインクリームで食べるサーモンとは全く違う、
完全な『和』の鮭である。

明日は、これを焼いて、山葵を添えて、
お茶漬けにしようっとひらめき




posted by みゆき at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。