2011年07月30日

茶器とゴマ饅頭

DSCN3123.JPG

先日のレッスン時、生徒さんが、
台湾の茶器とお茶を持ってきて下さいました。

せっかくなので、レッスンが終わってから、
みんなで飲もう!という話になったのですが、

誰も、台湾のお茶の作法を知らない・・・たらーっ(汗)

私を含め、皆様どこかで聞いたような知識を
寄せ集めてあせあせ(飛び散る汗)

「とにかく、茶器にお湯を入れて、じゃーっと」
「え?これにも、かける?」
「違う?でも、ゴザみたいの、必要?」
「ないね、それ。あ、これでいいんじゃない?」

これって、これexclamation&question右斜め下

DSCN3131.JPG

今月のレッスンで使っている蒸し器だあせあせ(飛び散る汗)

確かにサイズは、ぴったりひらめき

「まず、茶葉を入れて1回目は捨てるんだよね」
「それを、かけちゃうの?!」
「いいのよ、たぶん」
「あちっ」
「気をつけて下さいねっ」


台湾の人が見たら、
       「それ、全然ちゃうで」

と、つっこまれそうだが・・。

でも、ああでもない、こうでもないと、楽しみながら、
とっても美味しいお茶が入ったのでしたるんるん

いつか、台湾に行って、正式な、お作法もお勉強したいexclamation×2
という、新しい目標もでき、その後も自己流で
美味しいお茶を、いただいております。



そして、本日は凍頂烏龍茶に合う、
ゴマ饅頭を作ってみました。


材料  白玉粉80g、浮き粉20g、砂糖大さじ1
    ラード25g こしあん100g、洗いゴマ30g

作り方 @ボウルに、白玉粉と同量の水を入れてこねる。
     砂糖も加えてよく混ぜ合わせる。
    A別のボウルに浮き粉と、熱湯25tを入れてこねる。
     ラードも加えて、よく混ぜ合わせる。
    B@とAを合わせて、手でよくこねて、8等分にする。
    Cこしあんも、8等分に分けて、生地で包む
     DSCN3126.JPG ←こんな感じ
    D丸くまとめたら、洗いゴマをまぶす。
     こんな感じ→ DSCN3129.JPG
    E160度くらいの低温の油で揚げて、出来上がり



DSCN3136.JPG

美味しいお茶と、熱々のゴマ饅頭かわいい
幸せな組み合わせでするんるん


posted by みゆき at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。