2010年11月25日

ダンス・ダンス・ダンス

ラテン・エクササイズと社交ダンスを始めて、
日常に『身体を動かす』という項目が加わりました。

日頃、時間に追われ、常に急ぎ足、駆け足ではあるけど、
意識的に身体を動かすというのは、
全く作用が違うものだと、改めて感じています。

美しい先生と並んでのエクササイズも楽しいのですが、

ちょっとイケメンの先生との社交ダンスもこれまた楽しいるんるん


私が社交ダンスを始めた、当初の目的は、
「主人が定年したら、一緒に船旅で踊れるように」
というものだったのだけど、

もはや、もう、そんな老後の事は、どうでもよい手(パー)
とにかく、今が楽しいのであるハートたち(複数ハート)

私がマリーアントワネットだったとしても、
やっぱり毎晩、宮殿で踊り明かし、、
フランス革命は、避けられなかっただろう。
と、思うくらい面白いのである。


で、レッスン時に着る、ひらひらするドレス。
これがまた、非日常的でよいグッド(上向き矢印)

で、ダンスの先生は女性を褒めるのがうまいexclamation×2(それも仕事だからね!)


イケメン+ひらひら+褒め言葉+ダンス

どれも、現実感があまりないところが新鮮なのだ。

あまり得意でない分野でも、
日常と離れた趣味を持つのは、ぐんと視野が広がります。

そして、日常に戻った時に、その経験が形を変えて
生かされる。

ダンスが終わった後の食事は、
使う食材の効能も意識され、身体に吸収されていきます。


DSC_1482.JPG



良質のタンパク質とビタミンB1の多い豚肉。
青ネギに含まれる硫化アリルとビタミンCはお肌のために。
唇の乾燥を防ぐには、ビタミンB1、B2、B6が豊富な
しめじや、にんにくを。

身体は、食べるものと運動で作られていきます。


posted by みゆき at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。