2018年05月30日

菅井@馬車道

久しぶりに、唸るほど美味しいお店発見👀

発見。と言っても、
かなり昔から、馬車道にある和食のお店。

IMG_0449.jpg

   『菅井』

来る人を拒むような、堅苦しい外観も、
見方を変えれば、予約をしていない人が、
間違って入って来ないようにという配慮かもしれない。

その予約も、年に1度、
10月に1年分の予約を取るというから驚き

そんな強気な店が、横浜にあったのねー

予約受付の日は、当然電話が繋がらないので、
そんなお店に予約を取る方法は、これしかありません。

電話をかけて、
「キャンセルの出ている日を教えて下さい。
 昼でも夜でも、いつでもいいので。」

そうやって、何度目かの電話でやっと取れた
2席!!まさに、プラチナシートだわよー!!

わくわくしながら、店内に入ると、

IMG_0452.jpg

カウンターが10席と、テーブル席が1つ。

お店の中は、いたって飾り気がなく、
余計なものは排除された、
『職人の現場』のような空間。

『雰囲気』を楽しむのではなく、
『食する』事を目的とした造りです。


IMG_0454.jpg

先付は、雲丹と茄子を使った冷製の一品。

凄い!
こんなに小さな器の中で、
出汁の絡ませ方、海苔や薬味の効かせ方が、
口に入る順番に計算されて作られているのです。
ひと口ごとに、感動!

この店、確かに只者じゃないです。

IMG_0458.jpg

盛り合わせも、
どれひとつとして、手抜かりのない、
完璧な美味しさ。


IMG_0464.jpg

のどぐろの焼き物が、また絶品!

冷酒でもいいのだけど、
タレが赤ワインとの相性抜群。

ワイングラスも、クラシカルで味があります。
最近こういう形のグラス、見ないなあ。

photo.png

メインは、このお店の定番らしい、ローストビーフ。
炊き立ての釜めしは、季節のグリンピースと桜エビ。
お釜に残った釜めしは、お持ち帰り用に、
包んでくれるので、子供のお土産に。

間違いなく、横浜の名店。
職人を技を堪能しました。

今度は、いつ予約が取れるかなー!




posted by みゆき at 14:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。