2017年12月19日

究極の蟹料理@赤坂きた福

『蟹』が大好物。
という話をよく聞きますが、
私自身は、それほど蟹に思い入れがなく、
好きな食材ベスト10には、入らないのだけど、

それって、もしかして、
『私が本当に美味しい蟹を食べた事がないだけ?!』

という不安は、うっすらと感じていた。

ならば、
『究極の蟹料理を食べたい(食べさせて)

ということで、向かったのが、
赤坂にある蟹料理の店『きた福』

きたふく.jpg

もう、ここで何も感じないなら、
私と蟹は、今世においては、縁がなかったとしよう。

と覚悟ができるくらい、今いちばん旬な蟹料理店。


DSC_0563.JPG

なかなか予約が取れないと思ったら、
個室が3部屋しかありませんでした

まず、最初に出される料理の数々

DSC_0566.JPG DSC_0567.JPG

DSC_0568.JPG DSC_0569.JPG

フグの白子焼や、自家製のカラスミを使った和え物、
鴨の焼き物など、どれもレベルが高いっ⤴

個室の雰囲気も、すごく良くて、まったりリラックスしていると



DSC_0570.JPG

来た!!本日の北海道産 活たらば蟹!!!

DSC_0571.JPG DSC_0574.JPG

これを、大将が目の前で手際よくさばいてくださいます。
お見事な手さばきで、あっという間に

DSC_0579.JPG

たらば蟹のお刺身
つるりんと、なにもつけずに、蟹の塩気だけで美味しい!

DSC_0581.JPG

そうこうしている間にも、
大将、今度はさっと湯にくぐらせて、

DSC_0582.JPG

「ミディアムレアでお召し上がり下さい」

えーー!もうその言葉だけで、蟹に向かって
ひれ伏してしまいそうな威力。


DSC_0589.JPG

私が、ひゃーひゃー言っている間にも、
大将は、手を休める事もなく、説明をしながら、
さくさくと蟹を取り分け、

DSC_0585.JPG DSC_0591.JPG

たらば蟹1匹を、味わい尽しました。

ここでは、蟹で手が汚れたり、
蟹掘りに夢中になって無口になったりすることもなく、
ひたすら、美味なる時間を楽しめるのです。

優雅にお酒を飲みつつ、見事な蟹捌きに、
「ほほう」などど言いながら、
悪い政治家のような、怪しい笑みが思わずこぼれてしまう。

蟹を堪能した後には、

DSC_0595.JPG DSC_0596.JPG

炊き立てのご飯と、たっっぷっりの北海道産イクラ

DSC_0599.JPG DSC_0592.JPG

ご飯2杯にたっぷりイクラをのせても、まだ余っていました。

蟹を美味しく食べさせるプロの技と、
均一になってしまいがちな、蟹の味を飽きさせないようにと、
計算された創意工夫が、流石の一流店。

「蟹のこと、何も分かってなかったです」
と、潔く敗北宣言。
初めて、本当に美味しい蟹の味を知りました。

でも、
新たな問題が・・・

もう、この店じゃなきゃ、蟹は食べられない

結局のことろ・・・
蟹には、あまりご縁のなさそうな私です




posted by みゆき at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。