2016年10月07日

トリュフはちみつ

生徒さんより、
「これ、どうやって使えばいいのでしょう?」
という質問と共にいただいたこちら

IMG_20161002_1.png

  トリュフ入りはちみつ 

トリュフ塩や、トリュフオイルは、
普段も使っていますが、はちみつは初めて

そのまま、クッキーに入れれば
トリュフクッキーになりそうだし、
パンケーキにかければ、
トリュフパンケーキになりそうだけど、

このはちみつ、
思ったより、濃厚にトリュフの香りがするのです。

「あなたに、わたくしを調理できて?」
と、挑戦的というか、挑発的な香り。

ちょっと手ごわそうです💧

まず作ってみたのは、ギリシャ料理の
サガナキチーズからヒントを得て、
モッツアレラチーズをフランパンで焼いて、
トリュフはちみつと、レモンジュースをたっぷりかけて、
軽く塩コショウしたもの。

IMG_20161002_2.png

なんだか、得体が知れないけど💦
でも、妙に美味しくて、子供からは、
「おやつに食べたい」と何度もリクエストされました。
ワインにも合うし、加熱してレモンと合わせることで、
香りが柔らかく、上品になりました。

チーズとの相性が良いことが分かったので、
チーズトーストにかける!とか、
ピサにかける!という使い方も、おすすめ!


加熱がよいということなら、と、
次に作ったのは、

IMG_20161002_3.png

   トリュフキャラメル

これは、もう後味が、ひつこくトリュフで、
笑っちゃうくらいです。
いつまでも続く、トリュフの余韻。
枕元にトリュフ夫人が立っている夢を見ちゃいそうなので、
これはいまひとつ。


あと、簡単にできるものとして、
チキンの照り焼きのたれの中に入れるという方法。
砂糖を入れずに、醤油、みりん、酒、トリュフはちみつ
で作る、照り焼きチキン

IMG_20161007_1.png

これくらいの、さりげなさが、私は好き。

豚肉でしょうが焼きの隠し味に使うのも、
なかなかの相性です。

おいしく遊べて、楽しい1品でした!!
ごちそうさまです









posted by みゆき at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。