2016年02月25日

美濃焼を訪ねて@@岐阜

昨年、岐阜市とカイハウスのコラボイベントで、
料理を作ったご縁で、今回は
岐阜の土岐市を訪ね、新しいイベントの打ち合わせに
行ってきました。

今回は、岐阜の『美濃焼』がテーマ。

『美濃焼』と言っても、名前は聞いたことあるけど、
実際はどんなもの?
ということろから始まり、

IMG_20160225_4.png

実は、日本の食器のほとんどが、
ここ岐阜県で作られている。
知らなかったー

だから、どの家にも必ず1枚や2枚は
『美濃焼』の食器があるって事。

実際に、現地で焼き物を展示して頂きましたが、

IMG_20160225_1.png
織部や志野の伝統的なものから、ヨーロッパスタイル、
北欧スタイル、多種多様なものがあり、

特徴が1つに絞られていないのが特徴 ⁉

と、ざくっと素人解釈して💦、美濃焼巡りがスタート。

.facebook_1456368323234.jpg

.facebook_1456368381269.jpg

陶芸家さんたちの年代も様々で、
まずはこれからの打ち合わせ。

その後、窯元を案内していただきました。

IMG_20160225_2.png

『物づくり』の現場は、それぞれ職人さんの想いが
 こもっていて、この工程を目にしたら、
日常に使っている器の見方も変わってくる。

こちらの窯元では、奥様がお昼を用意してくれていました。

IMG_20160225_3.png

工房の長机で、岐阜の食材、里芋の茎を煮た海苔巻きに、
取れたてのほうれん草。丼のお出汁も刺身のたれに絡んで、
もうどれも絶品!!

ああ、おもてなしって、こういうことなんだ。

奥様の
「なーんもないけど、食べちょって」
の笑顔と、ストーブの上のやかんの音と温もり。

私は、おもてなしのお料理を仕事にしているけど、
こんなに誰かを感動させられているだろうかと、
しみじみ思いました。

器に向かい合う陶芸家の眼差しも、
その器に盛られる、素朴な料理も、
とても「豊かさ」を感じるのです。

いいなあ。こういうの。

岐阜、いいことろです。



posted by みゆき at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

カフェ ドゥ ラ プレス

お仕事の打ち合わせに時間があり、
みなとみらいの、日本大通り駅に隣接したカフェで
お茶をしながら、時間調整。



  IMG_20160209_2.png

いつも車で、この近くを通ると
レストラン『アルテリーベ』が目に入るのだけど、
そのビルの2階に、こんなクラシカルなカフェが
あったのね!
駅からも徒歩1分だし、いろいろ使えそうです。

先日のお教室で、
「横浜に住んでいる人は、自分の出身を『神奈川』とは
言わずに、必ず『横浜』と言う」
という話になったのですが、

確かに、
この異国情緒溢れるカフェから眺める風景は、
『絶対的に横浜であり、横浜としか言いようのない横浜』
だと、強く思ったのでした。

『自分の生きる場所を愛する』
気付いていなかった幸せを、手にのせられたような
ちょっと嬉しいカフェでのひとときでした。


IMG_20160209_3.png

posted by みゆき at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

今月のレッスン

節分に撒いた豆が、いまだに、
掃除するとひょっこり出てきたりする。
どれだけ撒き散らしたのだ?!と思いつつ、
2月も、もう半ば。

お教室では、今月のレッスンも順調に進んでいます。

今月のメインは、復活祭のパイ


IMG_20160212_1.png

ファルスの中に、イースターの卵を入れて、
ソースは、マデラ酒を使って、本格的に
皆さん、お上手に作って下さっています。


IMG_20160212_2.png

今月も、桃色の総絞りのお着物で、いらして下さった
生徒さまの姿が、あまりに素敵だったため、
許可をいただいて、写真をパチリ📷

あ、もしかして・・・、
桃色は、桃の節句の季節繋がりだったのですね?!
あー💦気が付くのが、遅くてすみませーん!

節分の豆を、拾いきれていない季節感では、いかん
反省、反省


一応、お料理だけは、季節先取りで、
春の気配を、ほんのり漂わせたレシピに仕上げてあります。

posted by みゆき at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。