2015年11月07日

おいしい毎日@台湾B

台北にて、台湾といえば基本の小籠包。

やはり、無難なところで、
鼎泰豊なのかなと思っていましたが、
台北には、支店がたくさんあるのですね。
どこも行列しているというのが凄い。

事前に台湾通の生徒さんにいろいろ教えて頂き、

本店と支店とでは、お味が違います
普通の味とトリュフ味を頼んで下さい

という情報をもとに、


IMG_20151106_7.png

定番小籠包と、トリュフ小籠包を注文

トリュフは、刻まれて入っているのかと思ったら、
スライスのまま、ぺろん、と入ってる。

これは面白い😃

トリュフの香りが消えないように、
タレはつけないで食べるようにと言われ、
じゅわっと肉汁とトリュフの香りが広がり、
非常に、日本人好みの1皿。

IMG_20151106_6.png

その他、どうしても定番オーダーになりがちだったので、
台湾人に人気があるという、

『ピリ辛雲吞』を注文してみる。


 これが、 現地の人がよく頼んでいる雲吞

     DSC_0034.JPG

向かいの家族も、横の家族も注文していました。

ああー、そうか、そうか、この味なのね。
私の頭の中に『台湾の味』と刻み込まれた1皿。

八角と五香粉たっぷりの雲吞。
ピリ辛なんだけど、ピリ甘に近いタレ。

このお皿の印象が強すぎて、
最初に食べた小籠包の味の記憶が、ほとんどないです

私にとっては、ひと口で惚れ込む味ではなかったけど、
この味が忘れられなくなると、
きっと台湾の虜になっちゃうのだと思います。




posted by みゆき at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。