2015年08月05日

コロンビア大使館主催食事会

本日は、私がキュレーターをしている
『ぐるなび』さまのご招待で、

コロンビア大使館主催の、お食事会に伺いました。

目黒にある、コロンビア大使館は、
とてもエレガントな造りで、
ラウンジにて、食前酒をいただきながら、
某有名シェフや、某有名バリスタの方々と
ご挨拶をさせていただき、

IMG_20150805_5.jpg

すっかり、くつろいでしまってから、

「はて、コロンビア料理って、なんだっけ?」

と、気付く。
あちゃ、そういう事って、事前に勉強して来いよ!
って話ですが、子供も夏休みに入り、
まったく仕事の段取りが追い付かない

と、自分自身に言い訳をしているうちに、
ダイニングに案内され、

20150805_120854.jpg

まあぴかぴか(新しい)まるで、公式外交訪問に招かれた、
要人になった気分るんるん

コロンビアは、トウモロコシ粉を使った
パンや米が主食で、主にコーヒーや、芋、
あと薔薇の産地としても有名だそうです。

この日のために、コロンビアから来日した
シェフは、ご夫婦で、コロンビアの歴史や
文化を食を通して伝えたいと話されていました。


IMG_20150805_2.jpg

料理は、スパイシーなものを想像していましたが、
意外に、マイルドでさっぱりした味付け。

発酵調味料も、日本のものに似た風味を持つものが
あって、全体的に日本人にも受け入れられやすい。

と、ここで無難にまとめてしまうのが、
日本の料理人。

だけど、やはりコロンビア、
ラテンの血が流れるシェフは、挑戦的であった。

メインのお肉の上にのっているもの左斜め下

20150805_130644.jpg

この、黒いものの正体は・・・

20150805_132132.jpg

   アリ です!!

コロンビア大使は
「普通の家では、あまり食べませんがあせあせ(飛び散る汗)
と、少々、困惑気味でしたが、
ここで、あえて、コロンビアから、アリを持参
して来たシェフに、熱いラテンの情熱が感じられる。
ゲストは皆、このメインにちょっと引いてましたが、

でも、私、

ずっと、アリ食べたかったのー!!

こんな私も、もしかして前世は、ラテン系?

だって、少し前にフレンチのシェフが、
アリの料理で話題になって、
ずっと気になっていたのよね。

気になるお味は、

うーん、あえて表現すると、ピーナッツかな?
ちょっと、香ばしくて、
足は、海老のような食感??
読んでる人が、どん引きするような表現ですねダッシュ(走り出すさま)
まあ、これが大好物という人は少ないかもしれませんが、
これはこれで、アリです


遠い国だったコロンビアが、
食の力で、少し身近に感じたひととき。
どこでもドアで、異国を覗いて来たような、
貴重な体験でした。



posted by みゆき at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。