2014年07月05日

おいしい毎日@パリF

それで、結局パリで何をしていたかというと・・



ちゃんと、お勉強していましたメモ

DSCN0057.JPG




フランス料理会の巨匠 アランデュカスの料理学校。

料理入門者から、プロまで、様々なレッスンが受けられます。



DSCN0074.JPG


私が受けたコースは、
最初から、ひとりに1匹、魚がドーンと渡され、


DSCN0077.JPG

「さあ、やってみよう!」

シェフも優しい笑顔で、リラックスムードるんるん
キッチンもピカピカの最新設備で、素晴らしいぴかぴか(新しい)


DSCN0078.JPG

一緒のクラスのイギリス人女性は、
「趣味は、料理なんだけど、料理番組を見るのが得意」

・・・、て、それは料理が趣味っていうのかな?

いろいろな国の方と、一緒のキッチンで同じものを作ると、
文化的背景も垣間見れて、楽しいのです。

それから、日本の料理教室では、あまり使わない食材を
調理できるのも、嬉しい!



たとえば、こちらの

DSCN0060.JPG ベイビーアーティチョーク

普通のアーティチョークの1/3位の大きさ。
それを更に剥いて、

DSCN0067.JPG  このサイズにして調理

DSCN0071.JPG 芯をくり抜いて蒸し煮にします。


日本で売っている大きいアーティチョークよりも、
食感もよく、ずっと美味しいるんるん

オレンジとレモンの柑橘ソースを作り、
盛り付けも、それぞれ、自分達で仕上げます。

DSCN0086.JPG

こんな感じですグッド(上向き矢印)

これは、ビストロ料理をテーマとしたメニュー。
早速、私のお教室でも作りたいのだけど、
ベイビーアーチチョークは日本では、手に入りにくい。

シェフに他の食材の提案を聞くと、
「フヌイユが、とても合う」との事。
フヌイユも、日本じゃ手に入りにくいなあバッド(下向き矢印)

帰国したら、私が頭に浮かんだ食材を使って、
早速試作してみよっとexclamation



 DSCN0094.JPG


作った料理は、シェフを囲んで皆でボナペティレストラン

美味しい体験、ごちそうさまでしたかわいい






posted by みゆき at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。