2014年07月02日

おいしい毎日@レンヌC

パリからTGVで約2時間。
『レンヌ』に着きます。
モンサンミッシェルへの乗り換え駅として、
素通りする人も多いと思いますが、
ここで、是非食べたいのが、ガレットかわいい

ブルターニュは、ガレットの発祥の地。
レンヌにも、いたる所に、クレープリーがあり、
ガレットの屋台も、たくさん出ていました。


DSCN9914.JPG

街並みも、可愛いのです。

さあ、ここで、

レンヌで一番おいしいガレット屋はどこ?

どこ?どこ?どこ?目

私の事前調査と、美味しいもの嗅覚で探しあてたお店が
ここ右斜め下

DSCN9916.JPG


     『AR PILLIG』


DSCN9918.JPG


赤い庇が目印のお店は、中に入ると、


DSCN9920.JPG

こんな感じで、
後ろの壁を、よーく見ると、全面に彫刻が施されている。



DSCN9922.JPG


クレープリーに、この力強い壁面が圧巻exclamation


早速ガレットですが、
中の具を4種類選べるのです。

DSCN9925.JPG

この写真じゃ、何が入ってるか分らないですねふらふら
いろいろある中で、最もスタンダードな
『チーズ、マッシュルーム、卵、ハム』をチョイス。
シンプルな程、生地の旨みが際立つ。

きゃー、レンヌまで来た甲斐があるわぁグッド(上向き矢印)

DSCN9926.JPG 定番のシードルと共にるんるん

このシードルがまた、果汁実、濃くて、おいしーーグッド(上向き矢印)


デザートも迷わず、クレープを!

DSCN9931.JPG

塩キャラメルと、焼きりんご黒ハート

ブルターニュは、キャラメルでも有名なのですが、
このキャラメルは、甘さとバターのコクと、隠し味の塩味が夢のようハートたち(複数ハート)

今、思い出してもまた食べたい。
明日も食べたい。明後日も食べたい。

そんなクレープリーでの、おいしい午後でした。





posted by みゆき at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。