2014年06月19日

胃袋と向かい合う

ここ数週間、本当に忙しく、体調不良は自覚していたものの、
病院へ行く時間もなく、明日からフランスへ行くため、
とりあえす、病院へ行ってみる。

と、

「あなた、物事を抱え込み過ぎで、自律神経が故障しています」

。。。え?!そういう診断?!がく〜(落胆した顔)

とくに、ストレスを感じているわけではないんだけど、
なんせ、食べ物が喉を通らない。

「卵とか肉とかチーズは、胃に負担がかかるから止めて下さい。
これ、相当長引きますよ」
と、お医者さまの診断。


ええええっ明日からパリなのに、どうしようもうやだ〜(悲しい顔)

だいたいにして、食べなちゃ仕事にならないんですけど・・・たらーっ(汗)

「じゃ、点滴と注射で応急処置しておきます。少し眠くなりますよ」

なんでもいいので、食べれるようにして下さい!


そして、点滴と注射をして、自宅に帰り、仕事を始めると、
眠い・・眠・・・ね・・・

      ZZZZZZ

                 ひゃーっ5時間も寝てしまったたらーっ(汗)

し、仕事が・・・ふらふら

少し眠くなるどころか、完全に意識を失ってしまった。

病院へ行く前より、胃痛が増した気が・・・もうやだ〜(悲しい顔)

大変だ、大変だ、今日中になんとか頑張って間に合わせねば。

病院へ行く前より、ストレスも増してるじゃん!ちっ(怒った顔)


胃薬を大量に持参し、パリへ行ってきます。

お医者様の指示は、とりあえす聞かなかった事にして、
たくさん食べて、 たくさん学んできます。

帰ってきたら、パリの美味しい情報をお届けしますね。

それでは、いってきます手(パー)



posted by みゆき at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。