2014年06月30日

おいしい毎日@パリA

DSCN9945.JPG

『ル・コントワール』の上にある
『ホテル・ル・レ・サンジェルマン』のお部屋は、
それぞれ、内装が異なるらしいのだけど、

私が泊ったのは、

DSCN9935.JPG


こんな感じの、アンティーク空間かわいい


DSCN9936.JPG

本棚には、古い本が並び、クローゼットも、壁紙も、
昔のフランス映画に出てきそうな、女性好みのお部屋でした。



DSCN9938.JPG


窓際の机の前から見えるパリの街並みも、


DSCN9944.JPG


ひととき、パリの住人になった気分を味わえます。


宿泊すると、コントワールのメニューをルームサービスできるので、
女性のひとり旅にも、何かと便利かも。

私は毎日、朝食をルームサービスにしてもらっていましたが、

「朝、7時からパン屋が開くから、部屋に届けるのは、
7時10分からになるよ」

と言われたので、きっと、毎朝どこかのパン屋へ、
買いに走っているのでしょう。
なかなか美味しいバゲットでした。

朝は、ホテルのパンを食べてしまうので、
ブーランジュリー巡りは、あまりできなかったのですが、
そんな中でも、

「すごーく、おいしいぃぃ!!」

と、思ったパン屋さんが、


DSCN9840.JPG

モンパルナスにある

   「デ・ガトー・エ・デュ・パン」


DSCN9841.JPG


ブティックのような店内に並んでいるパンは、
種類は多くないものの(時間的な問題かも?)、

クロワッサンや、ショソン・オ・ポムなどのデニッシュ系が
猛烈に美味しい!!!
油っぽさは、全くなくて、サクサクいくらでも食べられる。

店名通り、お菓子やケーキも売っているけど、
このパンより、美味しいお菓子が作れるなんて思えないので、
ここでは、きっとパンを買うのが正解。

と、お菓子を食べていないのに、断言してみる。

ドライフルーツやナッツが入ったハード系のパンも、
日本では真似できない美味しさぴかぴか(新しい)

次回パリに行ったら、この近くのホテルに泊って、
朝食の時間に、毎朝走って買いに行きたい!!

早くも次の美味しい旅構想に、
耽ってしまうパンとの出会いでした。


posted by みゆき at 14:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

おいしい毎日@パリ@

ただいまわーい(嬉しい顔)

パリから帰国したので、しばらくはパリでの
おいしい毎日のご報告をしますね。

これからパリに出掛ける、食いしん坊さんの、
ご参考になればと思いますレストラン


さて、今回の宿泊先、『ル・レ・サンジェルマン』は
「次にパリに来たら、絶対このホテル!!」
と、心に決めていました。

だって、パリで予約が取れない人気ビストロ
『ル・コントワール』に併設されていて、
宿泊者優先で、ディナーの予約ができるのです。

日本でホテルを手配するのも、8カ月前にやっと最後の
ひと部屋を押さえ、そこで油断してしまった私は、
ディナーの予約を取り忘れ、6カ月前に気付いたのですが、
既に「満席です」   

・・・たらーっ(汗)  そんなあもうやだ〜(悲しい顔)


でも、パリで半年前にディナーを予約した恋人達が、
そのまま、同じ相手と続いているとは思えない!!

きっと、キャンセルが出るはず!!

という、全く根拠のない偏見予想を立てて、
ホテルに着いてから、直接交渉。

「お願いっ!、いつでもいいので、食べさせて!!」

と、マダムに頼むと、
「今晩なら、1テーブル用意できる」

という事で、念願の『ル・コントワール』でのディナーるんるん


DSCN9949.JPG

ディナーは、8時半スタートですが、
パリはまだ、昼間のように明るいので、テラスの席が気持ちいいかわいい

ディナーは、シェフのお任せで、1コースのみです。

DSCN9957.JPG

前菜は、サーモンをチップで纏ったもの。
グリンピースのソースが絶品!!
私のお教室のレッスンでも、グリンピースのヴェルーテを作りましたが、
ヨーロッパのグリンピースは、小粒で甘く、やわらかいので、
ほんのりとした甘さとミント風味が、完璧の相性。



DSCN9960.JPG
お魚料理は、イカです。
以前、パリの『ジャン・フランソワ・ピエージュ』でのスペシャリテも
イカを使った料理でしたが、やわらかいイカに、歯ごたえのある、
チョリーソをアクセントに合わせるなんて、すごい発想!


DSCN9961.JPG

肉料理は、仔牛。
フォンドボーのソースが、パリ!です。



DSCN9965.JPG

チーズの品揃えも、さすがのパリですが、
何がすごいかって、

「勝手に、好きなだけ取って食べて」
プレートごと、ドン!と置きっ放しで、去っていくがく〜(落胆した顔)

お腹がいっぱいで、そんなに食べられはしないけど、

     なんか幸せ黒ハート


DSCN9969.JPG

デザートは、ベリーの盛り合わせに、バニラのソルべ、
苺のソースを、たっぷりかけてくれます。

     なんか幸せ黒ハート黒ハート

おいしい毎日@パリのスタートです。
posted by みゆき at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

胃袋と向かい合う

ここ数週間、本当に忙しく、体調不良は自覚していたものの、
病院へ行く時間もなく、明日からフランスへ行くため、
とりあえす、病院へ行ってみる。

と、

「あなた、物事を抱え込み過ぎで、自律神経が故障しています」

。。。え?!そういう診断?!がく〜(落胆した顔)

とくに、ストレスを感じているわけではないんだけど、
なんせ、食べ物が喉を通らない。

「卵とか肉とかチーズは、胃に負担がかかるから止めて下さい。
これ、相当長引きますよ」
と、お医者さまの診断。


ええええっ明日からパリなのに、どうしようもうやだ〜(悲しい顔)

だいたいにして、食べなちゃ仕事にならないんですけど・・・たらーっ(汗)

「じゃ、点滴と注射で応急処置しておきます。少し眠くなりますよ」

なんでもいいので、食べれるようにして下さい!


そして、点滴と注射をして、自宅に帰り、仕事を始めると、
眠い・・眠・・・ね・・・

      ZZZZZZ

                 ひゃーっ5時間も寝てしまったたらーっ(汗)

し、仕事が・・・ふらふら

少し眠くなるどころか、完全に意識を失ってしまった。

病院へ行く前より、胃痛が増した気が・・・もうやだ〜(悲しい顔)

大変だ、大変だ、今日中になんとか頑張って間に合わせねば。

病院へ行く前より、ストレスも増してるじゃん!ちっ(怒った顔)


胃薬を大量に持参し、パリへ行ってきます。

お医者様の指示は、とりあえす聞かなかった事にして、
たくさん食べて、 たくさん学んできます。

帰ってきたら、パリの美味しい情報をお届けしますね。

それでは、いってきます手(パー)

posted by みゆき at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする