2014年03月18日

ロオジェ

3年の改装期間を経て、
満を持して新装した銀座のフレンチ

     ロオジェ

3つ星レストランの風格はそのままに、
店内はベージュの色彩でまとまられ、
『清潔感』が漂う空間にぴかぴか(新しい)


DSCN9284.JPG

当然、アミューズの1品1品からして完成度が高い。

続く料理はこんな感じで。右斜め下

DSCN9285.JPG

DSCN9286.JPG

DSCN9287.JPG

DSCN9288.JPG

レストランは、昨年の12月に予約をしたのだけど、
週末のディナーの予約が取れたのは3カ月後。

新生ロオジェを、待ちわびていたグルマン達が
多い事がうかがわれます。

以前のロオジェに比べて、
照明がとても明るいひらめき
夜のグランメゾンにしては、明るすぎるのではexclamation&question

とも思ったのだけど、
これは、料理の色や、盛り付けを、明るい照明の下で、
しっかりと見せたい、というシェフの想いを
反映させたものだそうです。

確かに、厨房ではライトの真下で盛り付けをするので、
そのまま、完璧な状態をお客様に見ていただきたいというのは、
当然の気持ちですね。

その効果なのか、
お客様も、料理をまじめに味わいたいという本気モードの方が
多かったような気がします。

確かに、女の子を口説くなら、
もう少し照明を落としたお店に連れて行くかもねーダッシュ(走り出すさま)

「銀座には、そいういうフレンチ、沢山ありますから」
と、支配人は笑ってらっしゃいましたが、
最高級の料理店は、料理に対する真摯な姿勢が違います。

レストランは客層も、お店の評価に影響を与えてしまうので、
純粋に料理を愛する人が集う場所は、
おのずと、純粋な美食空間になるものなのです。

だとすると、

自分も、お食事に行く時には、
空間に合わせた心得が必要。ということですね。

『作ること』も『食べること』も日々精進グッド(上向き矢印)

一流の味を堪能した夜でしたぴかぴか(新しい)























posted by みゆき at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。