2014年03月20日

『勇気のラジオ』

3月23日(日)18時〜

ニッポン放送ラジオ

  渡部陽一 『勇気のラジオ』

     「サロネーゼに会いたい」
 
     のコーナーに出演します。


ラジオ・ニッポン放送といえば、
オールナイトニッポンのテーマソングが流れちゃう、
そんな世代のあなたも、(私も)、

10分くらいのコーナーですが、
お時間が合いましたら、是非聞いてみて下さいわーい(嬉しい顔)

番組HPはこちらをクリック音楽




posted by みゆき at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

ロオジェ

3年の改装期間を経て、
満を持して新装した銀座のフレンチ

     ロオジェ

3つ星レストランの風格はそのままに、
店内はベージュの色彩でまとまられ、
『清潔感』が漂う空間にぴかぴか(新しい)


DSCN9284.JPG

当然、アミューズの1品1品からして完成度が高い。

続く料理はこんな感じで。右斜め下

DSCN9285.JPG

DSCN9286.JPG

DSCN9287.JPG

DSCN9288.JPG

レストランは、昨年の12月に予約をしたのだけど、
週末のディナーの予約が取れたのは3カ月後。

新生ロオジェを、待ちわびていたグルマン達が
多い事がうかがわれます。

以前のロオジェに比べて、
照明がとても明るいひらめき
夜のグランメゾンにしては、明るすぎるのではexclamation&question

とも思ったのだけど、
これは、料理の色や、盛り付けを、明るい照明の下で、
しっかりと見せたい、というシェフの想いを
反映させたものだそうです。

確かに、厨房ではライトの真下で盛り付けをするので、
そのまま、完璧な状態をお客様に見ていただきたいというのは、
当然の気持ちですね。

その効果なのか、
お客様も、料理をまじめに味わいたいという本気モードの方が
多かったような気がします。

確かに、女の子を口説くなら、
もう少し照明を落としたお店に連れて行くかもねーダッシュ(走り出すさま)

「銀座には、そいういうフレンチ、沢山ありますから」
と、支配人は笑ってらっしゃいましたが、
最高級の料理店は、料理に対する真摯な姿勢が違います。

レストランは客層も、お店の評価に影響を与えてしまうので、
純粋に料理を愛する人が集う場所は、
おのずと、純粋な美食空間になるものなのです。

だとすると、

自分も、お食事に行く時には、
空間に合わせた心得が必要。ということですね。

『作ること』も『食べること』も日々精進グッド(上向き矢印)

一流の味を堪能した夜でしたぴかぴか(新しい)





















posted by みゆき at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

カメラとレシピ

1月から連載している、
サンケイリビング 『くらしナビ』
15分でできる朝食レシピ

実は、このサイトの出来上がり写真も、
工程写真も、全て、

   私が撮影しておりますたらーっ(汗)

通常、レシピ作りの仕事は、
レシピを渡し、フードコーティネーターさんが再現し、
カメラマンが撮る。
というスタイルが多いのですが、
今回は、全て私がひとりでやっているので、

工程写真に写る手は、全て左手手(パー)

右手で一眼レフカメラを持ち、
左手で包丁をーを持ち、
息を止めてシャッターを押す。

という内幕なのでしたダッシュ(走り出すさま)

大きな声では言えないが、
レシピよりも、調理よりも、何倍も時間をかけているので、

レシピより写真を見てほしいくらいだ演劇

しっ!声が大きいモバQ

てな事で、
只今、掲載されているのは、

春キャベツのスープミルファンティ.JPG

春キャベツと卵のふわふわスープ

   レシピはこちらをクリック

工程写真にも、注目してね目


posted by みゆき at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。