2014年01月05日

食の意識

年始3日の親戚の集まりは
『パリの朝市』というレストランに毎年決まっていて、
今年は、この一皿が美味しかった。

NEC_0286.JPG

オマール海老の温サラダぴかぴか(新しい)

昨年、『偽装問題』で賑わったオマールですが、
このレスランは、もちろん、本物でしたexclamation

食の偽装は、当然ゆゆしき問題なのですが、
『偽装ではないけど、本物でもない食べ物』
が世の中に溢れている事も事実。

消費者も、ある程度の知識を持って、
自分や家族の食生活に責任を持たなくてはいけないと
感じています。


「身体には悪そうだけど、止められないんだよねー」

みたいな食べ物も、私は完全に否定はしませんが。

滋味あふれる食材から、
食後に後悔が伴う美食まで、
食は、幅が広いからこそ奥が深い。

さあ、今年もご一緒に『おいしい毎日』をわーい(嬉しい顔)るんるん





posted by みゆき at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする