2013年10月12日

イタチのコーヒー


インドネシアのお土産で、とても珍しい
『イタチのコーヒー』をいただきました。


DSC_1529.JPG

このコーヒー豆は、イタチの糞から取り出したもので、
現地でも、1杯3000円位する、
とても高価なコーヒーだそうで、
確かに、その手間(?!)を想像するだけでも、
値が張りそうである。

少し、調べてみると、

もともと、インドネシアはオランダ統治下時代、
コーヒーを飲むことを禁じられていたらしく、
どうしても、飲みたい人が、ジャコウネコから排出された
豆を精製して飲んだのが始まりだということだ。

そこまでしても、コーヒーが飲みたかったという、
その貪欲さが、独自の食文化を作り上げだのだ


日本だって、最初に納豆を食べた人は、
何を考えていたんだexclamation&questionと思うくらい、
常軌を逸脱している行為だったと思われるが、
今となっては、日本の誇るべきな伝統食だ。

世界の食文化は常に、食いしん坊が生み出すexclamation



で、この『イタチコーヒー』
苦味の中に、かすかな甘みを感じ、
独特の風味が、余韻として長く残る味わい。


DSC_0026.JPG

マスカルポーネのムースを作って、
一緒にいただきました。
クリーミーなデザートとの相性がとてもよい感じグッド(上向き矢印)

貴重なコーヒー、ごちそうさまでした。









posted by みゆき at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。