2013年09月28日

包丁を研ぐ

貝印アンバサダーの定例会で
2回目の包丁研ぎ研修。

DSCN8514.JPG

最近は、プロ用の電動研ぎ器が、かなり優秀なので、
ほとんど、電動でしゃっしゃっと済ませる事が
多くなり、砥石で研ぐ機会が少なくなっている。

でも、包丁を研ぐという作業は、
『おもてなし』の和心の原点でもあるのだ。
すべての日本人が自分で着物を着付け、包丁が研げる
という目標を志し、2020年を迎えたいと思うが、
実際、その両方ができる日本人のほうが少ないと思われる。

包丁研ぎの職人さんに、
改めて、研ぎの心得を伝授していただく。

まずは、この姿勢exclamation

DSCN8511.JPG

包丁の角度を固定させるために、
しっかりと足を踏み込む手(グー)

包丁の背に、小指1本分くらいのスペースをあけ、
均一の力で研いでいく。

砥石で研いだ包丁の切れ味は、
素材に吸いつくように切れるようになり、

DSCN8513.JPG

トマトも、すっと透けるような薄さにグッド(上向き矢印)

機会を見つけて、お教室でも包丁研ぎレッスンを
したいと思いますわーい(嬉しい顔)



posted by みゆき at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

パナソニック 新ホームベーカリー

パナソニックのホームベカリー『GPAN』に
引き続き、新しく発売されたホームベーカリーを
使ってのコラボレッスンを、来月開催致します。

今回のホームベーカリーは

これ右斜め上DSC_1561.JPG

冷めたご飯で作る「ごはんパン」や、
ヘルシーな「ソイスコーン」や
「メロンパン」「お餅」などの
アレンジメニューもいろいろできるのだけど、

イチオシexclamation×2は、やはり

パン・ド・ミが、美味しく焼けるるんるん

という事で、早速作ってみました。

DSC_1548.JPG

もともとパンは、手ごね派 でしたが、
早朝5時に、パンの香りで目覚めるというのも、
なかなかよいものですかわいい

DSC_1553.JPG

パン・ド・ミの特徴『外パリッ、中ふわっ』が
ちゃんと再現されていています。

あと、私が「いいねグッド(上向き矢印)」と思った機能は

DSC_1563.JPG

1/2斤のハーフサイズで焼ける!

これは、ついつい焼き立てのパンを食べすぎて
カロリーオーバーが気になる人や
1人暮らしの人にも嬉し機能揺れるハート

来月の教室では、
パン・ド・ミに合う、ポタージュや
子羊のロースト・レンズ豆の煮込みなどを、
ご紹介致しますねるんるん

お楽しみにわーい(嬉しい顔)





posted by みゆき at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

家族寿司

家族でよく行くお寿司屋さんがある。
月に1回位行くので、『家族寿司』と呼んでいる。

本当の名前は『築地寿司清 横浜店』という。

まだ長男がベビーカーに乗っている頃からよく
利用している理由は、駅前のビルでアクセスがよい事と、

DSCN8433.JPG個室がある事、

そして、幼児と寿司 という組み合わせは、
意外にもリーズナブルなのだ。

まずはこれ、
DSCN8434.JPG

納豆巻きと鉄火巻きで、子供のお腹を満たす手(グー)

そしてこれ、
DSCN8441.JPG

はらす巻きで、満腹状態手(チョキ)

このはらす巻き、鮭とイクラがたっぷりで、
子供の大好物グッド(上向き矢印)確かに、これはおいしいグッド(上向き矢印)

子供が、はらす巻きに夢中になっている間、
大人は
DSCN8438.JPG

日本酒を飲みながら、好きなネタをつまみ、お会計。



で、終われば、家族寿司の敷居も高くなかったのだが、
最近は、子供達も知恵がついてきた。
個室で隔離してきたにも関わらず、

「イクラだけの、大きいお寿司もあるんでしょ?」
「うにって、おいしいの?」
「蟹のお寿司、食べてみたい」
「あわびって、どういう形なの?」

   ・・・・・たらーっ(汗)

とうとう、その日がやってきたか・・・もうやだ〜(悲しい顔)


DSCN8436.JPG
追加で注文したネタに、

「この蟹、お弁当のカニカマの味と似てるねえexclamationおいしい揺れるハート


そりゃ、蟹の味に似せたのが、カニカマですから・・あせあせ(飛び散る汗)

「お寿司屋さんて、何回おかわりしてもいいんでしょ?」
ご飯はもういいから、まぐろだけ頼んで」

ひぇーーーっモバQ
    
ママとパパは急用を思い出しました。
さ、さ、さ、帰りましょうダッシュ(走り出すさま)


家族でお寿司を安心して食べるには、
子供がまだ、しゃべれない幼児期に行くのをおすすめします手(パー)













posted by みゆき at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする