2013年08月15日

おぎのや 夏釜めし

子供の頃は、スキーの帰り、
大人になってからは、夏の軽井沢の帰りに
必ず購入している『おぎのやの釜めし』

電車の停車時間に、ホームに販売員さんたちが
並んで売っていた頃から、
ほとんど毎年、購入している事になる。

そして、今年、


DSCN8308.JPG

   『おぎのや 夏釜めし』 発見目


あの釜めしが、あの味じゃないって、
ちょっと、興味あるっグッド(上向き矢印)

8月31日までの限定。
しかも販売日は週末限定。
横川サービスエリア限定。
数量限定。

限定4重層って、もう、なんでもいいから
買ってみたくなるっしょexclamation×2

こちらは、

DSCN8309.JPG

いつもの釜めしね。

でもって、こちらが

DSCN8310.JPG

夏バージョン釜めしぴかぴか(新しい)


目 目 目 じーーーっ

・・・・何?何?

家族の目が、私の夏釜めしに、注がれる。

小学生の長男は
「いつもの釜めしにしておいてよかった」
と、小さくつぶやく。

なによ、なによ、まだ食べてもいないのに、
感じ悪いわねえむかっ(怒り)

気を取り直して、
夏釜めし。

ズッキーニ、アスパラ、ヤングコーン、
確かに夏の素材ではある。
きみどり色のは、枝豆の練りもの?的な感じで、
うずらの卵には「ゆでたて」のという説明書きがついてる。

ゆでたて?

まあ、あまり深く考えないようにして、
全体を大きく占めているトマト、これは
「ドライトマト」という説明書きがついている。

ドライ?
けっこうジューシーな感じなのだが、きっとこれは、
定番釜めしにある、杏の、夏バージョンというイメージなのだろう。


きっと、考えて考えて考えて作ったレシピなのだと思う。
駅弁の王である釜飯と、同じ土俵で勝負するレシピを作る。
担当者は、どれだけのプレッシャーを感じただろうか。
考えただけでも、ノイローゼになりそうだ。
レシピ開発者の苦労に想いを馳せ、
米粒ひとつ残さず、いただきました。

そして、この夏釜めしの凄いことろは、
定番窯めしが1000円のところ、

  夏釜めし 1600円なり

ううー。
流石だ。夏釜めしを600円でなく、1600円にしたことろが、
えらい!!!
こんな高度な企業戦略は、駅弁の王にしかできない技だ。

定番の釜めしは、すごくお得なのではないかと認識せざるを得ないexclamation

来年からは、もっと味わっていただきますexclamation×2


ちなみに

DSCN8312.JPG

お漬物も夏野菜。
これ、かわいいるんるん






posted by みゆき at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。