2013年07月10日

白楽のマダム

私が密かに「白楽のマダム」とお呼びしている、
『白楽ティーハウス』のオーナー。

ホテルニューオータニの上流階級マナースクール
『ジョン・ロバート・パワーズ』の
講師でもあり、礼儀作法のエキスパートでもある。

美は1日にして成らずと言うけれど、
気品も1日にして成らずだと、
上品なマダムにお会いするたびに思う。

白楽ティハウス.jpg

そんな素敵なマダムが主宰する『ティーセミナー』

私も一度、伺った事がありますが、
抜群のセンスでまとめられたご自宅で、

「これは、マリーアントワネットが愛用していた茶器で」

なんて、アンティークの高価なティーカップが、
さも、日常的に、さらっと登場するティーセミナー。

マダムなら、アントワネットやナポレオンが、
生活に溶け込んでいても、何の違和感もない。

そんなティーセミナーで使うための
焼き菓子を、ご依頼いただきました。

なんとも光栄でございまするぴかぴか(新しい)


DSC_1221.JPG

この暑さと湿気対策で、完全包装。


DSC_1234.JPG

もし、余ったら
お客様にお持ち帰りいただけるよう、
個別包装にしました。


アンティークのケーキ皿を思い浮かべながら、
王妃に献上する気持ちで焼き上げたケーキ、


DSC_1245.JPG

今月のセミナーで、マダムの美味しい紅茶の
引き立て役になれば、嬉しいですかわいい



posted by みゆき at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

37 Steakhouse & Bar

年齢のせい なのか、
鉄板焼きの、霜降りのステーキよりも、
エイジングされた熟成肉の方に、
食指が動く。

年齢ではなく、流行なのだと 思いたい。


六本木に、最高の熟成肉を出すと話題レストラン

   『37 Steakhouse & Bar

こちらでは、
現地で21日間熟成させたアンガスビーフを、
仕入れ後、さらに2週間寝かせたものを頂ける。

熟成させることにより、
タンパク質がアミノ酸に変化して、旨味が凝縮される。


肉も若けりゃいいってもんじゃないのよexclamation

と、私が勝ち誇る事もないが・ダッシュ(走り出すさま)



DSCN7871.JPG

このお店では、
お肉にストレスをかけないように、塊でオーダーし、
数人で切り分けるのが、おススメわーい(嬉しい顔)

塩とコショウのみで焼かれた
シンプルで、力強い味わいグッド(上向き矢印)


DSCN7879.JPG

肉肉しい肉!!
噛みしめると、じわじわっと肉の旨味が広がる。

この日は、お教室のレッスンがあり、
朝からほとんど何も食べていなかったので、
やっと獲物を捕えた熊のような食べっぷり手(グー)

たらふく肉を食べた後は、
向かいに建つ、グランドハイアットのメインバー
     『マデュロ』で、
是非、『紫蘇のモヒート』をるんるん
このモヒートが、ものすっごく美味しいっグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



DSCN7896.JPG

赤味の肉のお口直しに、紫蘇の酒。

肉食女子は、ますます野生に近づいているようですダッシュ(走り出すさま)














posted by みゆき at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

出会い

お料理を通じて、たくさんの出会いがあり、
また、しばしの別れもあります。

ご主人の転勤で、関西にお引越しが決まった生徒さんが、
最後のレッスンで、

「毎月、先生のお教室に来るのが何よりの楽しみでした」

と、私にとっても、何より嬉しい言葉を頂きました。

毎月のレシピを必ずご家庭で再現して、
家族の定番レシピになったメニューも、
たくさん教えて下さいました。


レッスン終了後、
生徒さんからいただいたケーキの箱を開けて、
ちょっと涙がでちゃいました。



DSC_1192.JPG


また、いつかお会いできる日に向けて、
これからも美味しいレシピを作り続けますね。








posted by みゆき at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。