2013年06月14日

赤外線温度計

今月のお料理教室では、
旬の鮎をコンフィにした前菜を作っています。

コンフィといのは、素材を低温の油の中で、
茹でるように、ゆっくりと火を入れた調理法。

油が高温になると、ただの揚げ物になっていしまうので、
温度管理がポイントになるお料理です。

通常、鍋の中に温度計を入れっぱなしで作るのですが、
レッスンでは、こんな便利グッズが登場ぴかぴか(新しい)NEW

000DH6159_ws1.jpg

    貝印の『赤外線温度計』

これだと、鍋の近くに添えただけで、一瞬で温度が分かるexclamation
という、スグレモノグッド(上向き矢印)



本当に、1秒くらいで測れるので、
楽しくて、いろんな物の温度を計測したくなる。


DSCN7748.JPG 観葉植物とか


DSCN7744.JPG 子供の頭とかあせあせ(飛び散る汗)


本来の目的、コンフィも、

DSCN7739.JPG

時々、『ピ!』と、ボタンを押せば、
温度確認ができるので、あとはしばらく放置しておいても大丈夫。


DSC_0868.JPG

鮎のコンフィも、骨までやわらかく、
枇杷の付け合わせと共に、
旬の味覚を楽しんでいただけます。


















posted by みゆき at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。