2013年05月02日

鯉のぼり

「ママー、今日は鯉のぼりが元気に泳いでるよー!」
と、子供達が嬉しそうに空を見上げる。

DSCN7376.JPG

鯉のぼりって、子供が何歳になるまで、
飾るものなのかしら?

ちょっと調べてみたけど、特に決まりはないらしく、

『子供が「恥ずかしいからやめてくれ」と言うまで』

というのが、一般的な回答らしいー(長音記号2)

確かに、高校生になった息子達のために、
親が、せっせと鯉のぼりを上げてる姿は、
ちょっと不気味ですらあるたらーっ(汗)

大学生の彼氏の家に、鯉のぼりがたなびいていたら、
彼女はきっと、ドン引きして
「ごめん、私、急用思い出したダッシュ(走り出すさま)」と帰る事だろう。


女の子なら、大人になってからも一緒に
お雛様を飾る楽しみがあるけれど、
男の子なんて、鯉のぼりを上げる期間くらいしか、
親と関わりたくないということだ。

それでよいexclamation

それが男の子の正しい子育てというものだろう。

青空に向かって、昇る鯉のぼりのように、
逞しく世の中を泳いでほしい。


君達が手を離しても、
母は、柏餅でも食べながら
DSC_0068.JPG
ひとりでも楽しく生きていけるので、
心配は無用です。






posted by みゆき at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。