2013年04月02日

オステリア アウストロ

横浜 馬車道にあるイタリアン

DSCN7245.JPG

    オステリア アウストロ

力強いジビエがお得意という、こちらのお店。
伺った当日も、
「さっきまで、小熊さばいてました」
と。え?熊?

せっかくなので、肉を堪能できるコースをチョイス手(チョキ)
前菜2皿に、パスタに、肉3皿、チーズにドルチェ。
おそろしく、ガッツリしたコース内容。
『冬眠に入る前の熊』になったような意気込みで、
さあ、いっただきまーすわーい(嬉しい顔)

最初の前菜から

DSCN7247.JPG

このボリュームグッド(上向き矢印)
しかも、ひとつひとつに、手が込んでいる。
この仕事量だけでも、シェフの料理への姿勢が窺える。



DSCN7254.JPGDSCN7253.JPGDSCN7252.JPG

肉料理の中でも、猪の白ワイン煮込みは、
イノシシとは思えない柔らかさハートたち(複数ハート)

横浜にも、こんな骨太なイタリアンが
存在するのねーグッド(上向き矢印)

シェフオーナーいわく、

「肉で季節を感じてほしい」

野菜や果物ではなく、肉で季節を感じるっていうのは、
かなりのツワモノである。
たとえば、
冬の代表ジビエの鹿も、夏鹿になると、風味が
あっさりして、味わいも全く違うとか。

肉食女子の私としては、
ちょっと極めてみたい世界ではある。
が、
肉を食べながら、
「そろそろ、子鹿が出回るいい季節になったわかわいい
なんて言ってしまうのは、女子として、どうなのか。と。

草食系の男子は、思いっきり引くだろうダッシュ(走り出すさま)

お、そういえば、この日は、たまたま、
お客さん全てが女性だった。
やっぱり、女子が強くなるわけだわ。手(グー)

横浜の個性派イタリアン。
こういうお店、頑張ってほしいですわーい(嬉しい顔)





posted by みゆき at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。