2013年01月16日

カーブキッチンバサミ

初めて、キッチンバサミの存在を知ったのは、
25年位前。
ホームステイ先のアメリカ人のお母さんが、
鼻歌交じりに、豚肉の塊をハサミで
ジョキジョキと豪快に切っていた。

食材を、ハサミで切る人を見た事なかった私は、
大きな衝撃を受けて、
この驚きを、拙い英語では表現しきれず、
日本から持参した包丁で、玉ねぎをみじん切りにして見せた。

包丁を使って『みじん切り』なんて技を見たことない
アメリカ人のお母さんは、私と同じくらい衝撃を受けていた。

お互いに「あり得ない」と、肩をすくめて、
食文化の違いを確認し合ったのである。


そして今。
もちろん、私のキッチンには、キッチンバサミがある。
それも3本も。

離乳食や、幼児食を作るのに、キッチンバサミは
必需品となり、ハーブの枝を切り分ける時や
お弁当作りにも重宝する。


そして、食材そのものを切る。という目的なら、

DSCN6891.JPG

この カーブキチンバサミ がおススメ手(チョキ)

このカーブがあることによって、
食材が、滑らず、ハサミから逃げないので、

DSCN6892.JPG

鶏肉なんかも、ザクザクと切れる。

できあがった料理を食べている途中に
「もっと小さく切ってー」と騒ぐ子供のいる家庭も、
(うちです)ちゃちゃっと切れるハサミは便利。

きっと介護食にも役立つと思われる。

そして、
「包丁とか、まな板とか、面倒でやってられない」
という若者には、

カーブキッチンバサミと、ビニール袋だけで下ごしらえし、
後は、油で揚げるだけの唐揚げなんていうのはいかが?

DSCN6791.JPG

レシピは こちらで紹介しています

「油の後片づけも、面倒なんですけどー」
と言わずに、作ってみてね。








posted by みゆき at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

朝、雪が降り出した時点で、
ネットスーパーは、その日の配達の受付を中止し、
自宅の前の坂では、動けなくなった車が数台。

買い物のために、外へ出ると、

DSCN6870.JPG

バスまでが、立ち往生ふらふら
『回送』の表示を出したまま、
運転手さんが、途方に暮れていました。

そして、大通りに出ると、
着物姿の女性も見かけましたが、
今日、成人式を迎えられた人達は、
本当に大変な一日だったと思います。

変更のきかない予定がある人や、
仕事に穴を空けられない人、
雪の中を走って誠意を見せなくてはならない人も
いる事でしょう。

皆様、無事に目的地に着きますように。

DSCN6882.JPG




posted by みゆき at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

お正月太り


「お正月、食べすぎて3キロも太っちゃったんだよねー」

みたいな話を聞くと、
本当に、他人事ではなく、そこから先の会話が、
ぼんやりしちゃうくらい、
「3キロ太る」という言葉が、頭に残る。


だって、1キロの肉って、

DSCN6700.JPG

こんなに大きく、重いわけよ。



2キロっていったら、そのだし、

DSCN6702.JPG



3キロって、もう、

DSCN6707.JPG

写真に収まらないんだからexclamation×2


仕事柄、肉で重さを体感している分、
1キロ増えるというのは、この塊をひとつ、
お腹の周りに抱え込んだイメージである。

私も、非常に太りやすい体質なので、
この非情なリアリティは、とても過酷なのだけど、
暴飲暴食を、ギリギリに踏みとどまらせる威力はある。

それでも、美味しいものは、常に周りに溢れ、
この肉の塊を、甘んじて引き受ける事になる事態も、
しばしばあるのだが。


美食と体内脂肪との戦いは、今年も続く。
 
posted by みゆき at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。