2012年08月04日

夏休み育児状況@修善寺

夏休み。毎日毎日暑い。
炎天下の中、子供の自転車の練習、
逆上がりの練習、プールの付き添い。

暑い、熱い、焦げそうだ。。。

そんな中で、子供に笑顔で接している、
よそのママ達を見ると、女神さまのように見えるぴかぴか(新しい)

・・・私には、笑う気力が残っていないドコモ提供バッド(下向き矢印)


育児環境が過酷になる夏休み、
事前に、定期的に気分転換の種を蒔くのは、
子供のためというより、自分のためである。

この週末は3日間、伊豆の修善寺におりました。

修善寺の寺に、小僧として子供達を預けたい気持ちを抑え、
家族でホテルにチェックイン。

「カブトムシ、ホテルの周りにいますよわーい(嬉しい顔)

とホテルマンに教えてもらい、
早速翌朝5時起きで、カブトムシ探しに出掛ける。

DSCN5837.JPG 装備は完璧だが、

DSCN5846.JPG 虫1匹捕まらないバッド(下向き矢印)

ホテルの人は、
「誰でもつかまえられますよるんるん」なんて言ってたけど、

卵焼きを作るのだって、コツがあるのだから、
虫とりだって、コツがあるのだ。きっと。

早朝から、網と虫かごを抱えて、
せっせとカブトムシを探す目

うー、修善寺も暑いなあふらふら

へとへとになったが、何も捕まらず、
そのまま、修善寺観光へと向かう。


そして、夜11時夜

暗闇に網を片手に、
しゃがむ怪しい女の影は、モバQ

DSCN5911.JPG 私 だ

旅行に来てまで、育児労働時間外に、
サービス残業中もうやだ〜(悲しい顔)

正確には夫と二人で探しているのだが、
夜に虫かごを肩にかけ、カブトムシを探すことに
なろうとは、6年前までは思いもよらない。

人生は、思いもよらない展開に満ち溢れている。

と、まあそれほどの事ではないが、

DSCN5922.JPG

      2匹のクワガタ つかまえたっ手(チョキ)

翌朝、子供達の手にのせると、、

DSCN5923.JPG 長男は固まり、

DSCN5925.JPG 次男は、逃げ回り、

冴えない反応の子供達だったが、
最終日には、クワガタを肩に乗せて笑顔を
見せていた。

夏休みに覚えた事
  『これが、クワガタです』
  『クワガタは死んだふりが得意です』

最終日には、
一緒に遊んでくれたお礼を言って、
森に返してあげましたかわいい






posted by みゆき at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。