2012年07月30日

ルバーブ

DSCN5807.JPG

妙蓮寺でお教室を主宰している友人から、
ルバーブが届きましたかわいい

お庭で栽培して、朝採れたてのものを
いただいたので、活き活きしていますグッド(上向き矢印)

以前、いただいたジャムが美味しかったので、
早速、教えていただいた分量、
『ルバーブの重量の6割の砂糖』に半日ほど
漬けこんで、30分ほど煮込み、

DSC_3525.JPG

   ルバーブジャム 完成ぴかぴか(新しい)

新鮮な素材が持つ力は、ジャムにしても
滋味溢れ、朝のお楽しみが、ひとつ増えるるんるん

ラズベリーと一緒に煮て、
赤いルバーブジャムも作ってみた。
DSC_3511.JPG こんな感じ。


アーモンドの焼き菓子の中に入れたら、

DSC_3521.JPG

素敵なおやつができましたわーい(嬉しい顔)

今日はルバーブクッキーを焼いてみようかなるんるん

どうもありがとうわーい(嬉しい顔)
posted by みゆき at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

ル・プティ・ブトン

DSCN5794.JPG 
16年続く文通友人と、2年ぶりのお食事会レストラン

場所は代官山の『ル・プティ・ブトン

コルドンブルーに通っていた頃、
何度か伺ったことがあるレストランで、
10年ぶりの再訪。

当時のコルドンブルーのシェフも、よくお店で
お見かけしたので、
『フランス人シェフも納得の味』なのだと思う。

最近のモダンフレンチに比べると、
盛り付けも、味付けもクラシック。
でも、グラスワインはたっぷり注いでくれるし、
料理のコストパフォーマンスもとても良い。

DSCN5797.JPG ズワイ蟹とアボガドのデニスや

DSCN5800.JPGガスパチョのスープや

DSCN5802.JPG 牛肉の赤ワイン煮込み。

メイン料理の付け合わせがキャロットヴィッシー
というのも、最近見かけないので、
かえって新鮮グッド(上向き矢印)

お店の内装は、だいぶ年季が入っていたけど、
久しぶりに友人と語るお店としては、
かなり快適であった。

ちょっとしたきっかけで、文通を続けて16年。
メールやフェイスブックの時代に、
季節の挨拶から始まる手紙のやり取りは、
慌ただしい毎日の中でも、ずっと続けていきたい
大切な時間。

会う機会は少なくても、
継続できる友情が、『宝物』だと思う。

また、お便りします。

posted by みゆき at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

コロッケ

食べる事に直接繋がらない趣味として、
『読書』があるのだけど、
目標としている年間100冊は、なかなか読み切れず、
文学賞をとった話題作とか、
簡単なエッセイを含め、月5冊くらいがやっとかな。

先日、村上春樹さんの最近のエッセイの中で、
『千切りのキャベツコロッケがたっぷり添えられたコロッケ』
がでてくる文章があり、
読んでる途中から、頭はコロッケの事で一杯にレストラン

村上春樹さんの本を読むと、缶ビールが無性に飲みたくなる、
という人は多いと思うけど、
私は小説にの中の、食べ物の表現がとても好きで、
普通のサンドイッチや、コロッケが、
ものすごく、気障で洒落たメニューに思えてくるのも、
村上春樹ワールドマジックだなあと思うのです。


ということで、昨夜はコロッケかわいい

DSCN5563.JPG

ひき肉の代わりに、コンビーフを入れました。
これも、ある小説の中に登場したメニューです。
コンビーフコロッケ、かなりイケますグッド(上向き矢印)




posted by みゆき at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする