2012年01月24日

天ぷら

横浜 関内にある天ぷら屋さん『天富』

DSCN4876.JPG

先日、夜のお食事に伺いました。

東京のてんぷら『近藤』や『深町』などに比べると、
ちょっと懐かしい感じのする、
昔ながらの天ぷらでした。

揚げたての天ぷらというのは、
焼き立てのパンと同じく、

ほとんど、必ず、美味しい

という黄金のルールの基、
おまかせで、出てくるネタをつまみ、
日本酒を飲みながら

「政治と金の問題は、この際切り離すべきか」

という、渋い話題が似合うようなお店である。

まあ、たまたま周りのお客さんが、
会社役員 みたいな人ばかりだったせいかもしれないがexclamation



役員でも、重役でもない、ただの主婦の私は、
家に帰って、美味しかったネタを
後日、地道に再現。
右斜め下

DSC_3472.JPG

山芋をすって、大葉で包み、そのまま揚げる。

粉も、衣もつけないの。
簡単でしょ。

長芋だと、柔らかくてまとまらないから、
大和芋のように、ねばりが強いものがお勧め。

塩とレモンでさっぱりとるんるん

ビールを飲みながら、
「消費税が上がるのも、いやよねー」
と、庶民的な話をしながら、家で食べる天ぷらも、
なかなかよいものです。



posted by みゆき at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。