2011年11月17日

そういえばボジョレー

当たり前の事だが、
未就学児は、ひとりでは、外に出られない。

子供がいなかったら、一生、気が付かなかったと思う。

少なくても、6歳までは、どこへ行くのも保護者が一緒。

すごいな。
ヤドカリみたいだ。

だから、未就学児がいる親が、1人で歩いていたりすると、

「あれ?どうしたの?」

と、とても不思議な気がする。
貝殻をつけないで、外を歩いているヤドカリみたいで、目立つのだ。



昔はきっと、こうではなかったのだろう。

「子供は外で遊んで来なさい。ご飯の時間に帰って来るのよ」

と、放置できない現代の子育て環境は、

やっぱり、異常だ。


この閉塞感は、とても特殊で、
この経験が、私にとっては、むしろパワーの基になっている。

貝殻は重いけど、
だからといって、貝殻の中で寝ていても始まらない。


今週は、子供の習い事が3つ。
私の習い事が4つ。
仕事の打ち合わせに、お教室準備に、レシピ作り。
週末は、お弁当を持って、公園に行こうね。


あ、そういえば、今日はボジョレー解禁?

ワインが送られてきて、気が付きました。
日本人は飽きっぽいよねあせあせ(飛び散る汗)


DSC_3131.JPG

きのこのキッシュ風グラタンなど、
相性◎でするんるん

この後の仕事に差し支えないよう、
味見程度にねわーい(嬉しい顔)


posted by みゆき at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

エンゼルフードケーキ

今月のお料理教室では、
デザートに卵黄を沢山使ったので、
冷凍庫の中には、凍った卵白が30個くらいありあせあせ(飛び散る汗)

最近の自宅用デザートは、
もっぱら

エンゼルフードケーキハートたち(複数ハート)

卵白で作るアメリカの定番ケーキ。
シフォンケーキの卵黄なしバージョン、みないなものです。


17センチシフォン型1台分の材料

卵白      200g(6個分くらいかな)
グラニュー糖  80g
薄力粉     70g
牛乳      大さじ2
サラダ油    大さじ2

材料からして、普通のケーキよりヘルシーな感じでしょ。

作り方

@卵白にグラニュー糖を数回に分けて加え、
 ハンドミキサーで、しっかりしたメレンゲを作る。
Aふるった薄力粉を3回に分けて加える混ぜる。
B牛乳を回しかけ、さっくり混ぜる。
Cサラダ油を回しかけ、粉が見えなくなるまで混ぜる。
D生地をシフォン型に入れて、180度のオーブンで30分焼く。


DSC_3102.JPG

出来上がりの生地は、真っ白でふわふわるんるん
ホイップクリームとお好みのフルーツを添えてどうぞかわいい
posted by みゆき at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

家族写真

毎年、友人に家族写真を撮ってもらっているのですが、
今年は、産休中のため、
お友達の写真家をご紹介いただきました。

iki photo studio 
の、居木さん。
主に、子供の写真を得意とされていて、
その写真が、どれもこれも本当に素敵なのです。

先日、居木さんの写真展に伺った時も、
『子供』がテーマだったのですが、本当に素晴らしかったぴかぴか(新しい)

通常、子供の写真というのは、
親が見るから可愛いのであって、他人からしてみれば、
『流通していない、おもちゃの紙幣』
みたいなもの。という認識の私が、

「子供って、もしかしたら天使かもぉ揺れるハート
なんて思えるくらいの、レベルの高さグッド(上向き矢印)
どの写真も、女性らしい感性と愛情が溢れ、
無垢で純粋な、子供の柔らかさが表現されている。



撮影では、
思うように動かない、うちの息子達と一緒に走りまわり、
1日かけて350枚以上の写真を撮っていただきました。

DSCN4312.JPG  ありがとうございましたかわいい


毎日、引きずるように、追い立てるように、
子供を動かしている日々の中で、
子供は、そんな親に振り回されながらも、
笑ったり、泣いたり、怒ったり、
ちゃんと、頑張って生きているんだ。

自分の子育てを、優しく肯定してくれるような時間でした。



IMG_0278.JPG

iki さんのHPはこちら


宝物がいっぱい詰まった写真を撮ってくれますぴかぴか(新しい)







posted by みゆき at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。