2011年09月08日

聡明な女性

       DSCN3792.JPG

第45回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン2011

の表彰式と懇親会が、六本木ヒルズクラブで開催されました。


DSCN3797.JPG

料理界の大御所シェフや、若手シェフ、
各マスコミや、料理関係者が集まる、盛大な懇親会で、
『ガストロノミーのエレベストexclamation
と呼ばれるくらい、威厳のある賞を、

今年は、どのシェフが獲るのかexclamation&question

と、華やかな緊張感で会場が賑わう中、

私といえば、全く別の緊張感の中にいた。


実は私、ある料理人Mさんの大ファンで、いつも
「Mさんに会いたーい揺れるハート
と、言っていたら、それを知っている方が、
「今日、Mさんいらしているから、ご紹介しますね」
と、おっしゃて下さり、

願えば叶うのねーーっぴかぴか(新しい)

と、かなりうかれモードるんるん

そして、表彰式が終わり、懇親会の時間るんるん

DSCN3799.JPG DSCN3802.JPG

六本木ヒルズクラブから見下ろす夜景も煌めきぴかぴか(新しい)
テタンジェのシャンパンを片手に、
私がお会いしたかったMさん、
そして初めてお会いした料理家のIさん、

初対面とは思えないくらいの
最高潮の盛り上がりトークexclamation×2

Mさんは、想像通り美しく素敵な方でしたハートたち(複数ハート)

今考えると・・
このパーティーでMさんと商談をしたかった社長や、
懇親を深めたかった業界関係者や、
きっと、いろいろな方がいらしたんだと思います。

それなのに、すっかりMさんを独占してしまい、
ちょっとマナー違反だったかもたらーっ(汗)と、反省。


それにしても、楽しい夜のひとときでした。

MさんにもIさんにも共通しているのは、
『聡明な女性であること』
気さくで、華やかで、とてもフレンドリーなのだけど、
聡明なオーラが漂う。

そうめい

私の中では、一発変換ができないようなワードだが、
これからは、この一語をキーワードに、生きていこう手(グー)


と、いうわけで、
偉大なシェフと権威あるコンクールの表彰式で、
全く持って、個人的な決意を固めた私でした。






posted by みゆき at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。