2011年09月06日

マドレーヌ

DSCN3194.JPG

レストランで、最後に出てくる、
ちっちゃなマドレーヌが作りたくて、
パリに行った時に、プティサイズのマドレーヌ型を購入した。

フランスの粉と、エシレのバターを使って、
マドレーヌを焼いてみようexclamation

レシピは、以前パリのルノートルで購入したもの。
何度か作ってみたものの、なんだか重くて??という味
だったので、しばらく本棚の奥で眠っていたのだが、

「材料がフランス産なら、美味しいかもひらめき

と思い、久しぶりに引っ張り出してみる。


やだ、ちょっと、ものすごく美味しいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)揺れるハート


発見exclamation

『焼き菓子の味の味は、バターで決まるexclamation×2

ちょっと、ちょっと、今更、そんな発見exclamation&question
と、がっくりされそうだが、エシレのバターは、日本じゃ高すぎで、
ルノートルのレシピのように、ガッパガッパと使えないのだ。

バターの違いがこんなに味の差に繋がるのかと、
改めて実感。

パリのお菓子屋さんが、日本でお店を出しても、
同じ材料を使ってくれなきゃ、同じ味にはならない。

温度と湿度の違いも味覚に影響するだろう。

この材料を使うからこその、このレシピ。

お菓子の世界は、お料理より緻密に繊細にできている。

DSCN3307.JPG

丸の内にある、エシレショップのマドレーヌを買って、
味わいと、バターの含有率(これ重要)を、
検証してみたいなあ。




posted by みゆき at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

葡萄

9月になりました。

子供ができて、『夏休み』という課題が、
大人の日常に加わり、
とてつもなく忙しい8月が終わりを告げる。

プールに動物園、水族館、博物館、遊園地、
山に、高原に、神社に、公園、畑に、池。

仕事の合間に『夏休み』という仕事が入るので、
とにかく、めまぐるしいたらーっ(汗)


その間、子供が熱を出し病院へ、
椅子から落ちて、流血し病院へ、
喘息の定期検診で、病院へ、
アレルギー症状が出て、病院へ、


ああ、子供はいったい、どれくらいの出来事を覚えているのだろう。
たぶん、9月になった時点で、ほとんど覚えてないな。

親が『夏休み』をこなしたという達成感があれば
それでいいのだ。自己満足感が大事。

子供は勝手に成長する。



さて、今日は友人から頂いた葡萄でシロップを作りましたかわいい

友人のお宅で獲れた葡萄を、毎年沢山いただきます。

無農薬なので、軽く水洗いしたら、
皮ごと鍋に入れて30分位煮る。


DSCN3769.JPG 水は入れずに葡萄だけを煮る。

DSCN3770.JPG 絞らずに、そっと漉す。

500tの煮汁に、大さじ1の砂糖を後で加える。


DSCN3779.JPG 東京タワー1本分の葡萄シロップるんるん


DSCN3783.JPG

お水で薄めて、葡萄ジュースにしていただきますかわいい

ほんのり秋色のジュースを飲みながら、
夏の疲れ(主に筋肉痛)を、癒します。









posted by みゆき at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。