2011年05月16日

フレンチクッキング

DSCN2768.JPG

朝、小鳥の声で目を覚まし、
大きなカフェオレボウルで、たっぷりのカフェオレを
頂いてから、地元のファーマーズマーケットへ、
その日のディナーのお買い物に出かけます。

DSCN2453.JPG

今日、シェフにリクエストしたのは、
モリーユを使ったお料理るんるん
モリーユは、フランスでも高価な茸です。

そして、シェフのスペシャリテでもある、
「カリフラワーのスープ」

DSCN2483.JPG

日本のカリフラワーより、大きいかわいい
生でかじったら、青っぽい香りが広がって、美味しいるんるん
「カリフラワーは、生のまま、トッピングにするんだよ」
と、シェフ。

クリーミーなカリフラワーのスープに、
シャキシャキした、生のカリフラワーが、楽しい食感グッド(上向き矢印)

私が家で作るカリフラワーのスープは、いつも冷製だけど、
ここでは、ぽったりとした、温かいスープがよく似合う。

同じ食材を使っても、環境や生活スタイルによって、
表現方法が変わるし、その土地の息遣いを感じることができる。


DSCN2752.JPG

日本で食べるフレンチとも、パリで食べる料理とも、
どこか違う、地方の温もりが、味わい深い料理を生み出します。

DSCN2569.JPG

スープには、庭のハーブと食用花を添えて、

DSCN2570.JPG

モリーユがたっぷり入ったチキン料理は、
付け合わせの人参も、5種類のスパイスを使って、
グラッセしてあります。

DSCN2589.JPG

ベリーのマリネは、フロマージュブランのクリームと一緒に。


DSCN2428.JPG

キャンドルの灯りと、シャンソンが流れる
ダイニングで、時間をかけてディナータイムを楽しみます。

チーズと食後酒が終わるのは、夜中の12時exclamation

美味しいワインと時差で、うつらうつらと、
あれ、夢なんだっけ、現実なんだっけと、ぼんやりしながら、
今日の日が、ゆっくりと、小さくなっていきます。



posted by みゆき at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする