2011年05月25日

テイクアウト

パリでは、お惣菜屋さんや、デパートのデリにも、
美味しいものが、たくさんハートたち(複数ハート)

ホテルのお部屋でも、美味しい食材が並びます。

DSCN2787.JPG


まず、クリュディテ(葉野菜以外のサラダ)
キャロットラペや、レンズ豆のサラダは、日本のカフェでも
人気メニューですが、ひとつひとつ、
塩加減や、ゆで加減の違い、オイルの種類などを、
考えながら、味わうのが楽しい。

根セロリを使った、セルリ・レムラードや、
ポワローのヴィネグレットなども、
やっぱり、食べておきたい。

メインは、鴨のコンフィなど、
冷めても美味しいものがお勧め。

パンとチーズとワインは、もちろんですが、
忘れちゃいけないのが、
バターexclamation

DSCN2873.JPG

日本じゃ、お高いエシレのバターも、
日本未入荷の、ボルティエのバターも、
ここでは、まとめて大人買いるんるんでもって、すぐ食べるわーい(嬉しい顔)


もし、神様が
「1日だけ、太らない身体と、もたれない胃を貸してあげましょう」
と、言ってくれたなら、
パンに、めちゃくちゃバターをつけて、食べるところから、始めます。


美味しいバターだったら、ラディッシュやソラマメに、
バターと岩塩をつけるだけで、美味しいのですよるんるん

posted by みゆき at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

Le Comptoir

DSCN2836.JPG


今、パリでもっとも予約が取れないと言われているビストロ
『ル・コントワール』

最近パリに行った生徒さんも、
「ここは、絶対美味しいです!」とお勧めしてくれたお店です。

ディナーは半年待ちで、ホテルの宿泊客優先なのですが、
ランチなら大丈夫わーい(嬉しい顔)

メニューも豊富で、すこぶる美味しくて、
手軽なビストロで、これだけのお料理が食べられるなら、
パリの旅行中、毎日来てもいいかもるんるん

数品食べれば、このお店のお料理はどれもハズレがない!
って分かりますひらめき



DSCN2819.JPG

フォアグラのテリーヌが、どどんと乗ったサラダ。

ああ、やっぱり、日本のどんなレストランよりも、
美味しいテリーヌが、こんなに無造作に食せてしまうパリ。
まさに『グルメのためのサラダ』と書かれたメニュー通りの
贅沢な味わいハートたち(複数ハート)

自分のメニューのチョイスに、出だしから大満足手(チョキ)

でも、お隣のマダムが食べているブータンノワールも美味しそうだぴかぴか(新しい)
その隣のムッシューが食べている蟹のビスクも、ひと口食べたいっダッシュ(走り出すさま)

    落ち着け、落ち着けバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


そこへ、私の頼んだ次のお皿るんるん

DSCN2820.JPG

ビーツのスープは冷製で、中には細かく切ったリンゴが
入っています。日本でランチに出てくる3倍の量ですね。
美味しいので、なんの問題もないです手(パー)


DSCN2822.JPG

ブフ・ブルギニヨンは、思ったより、さらっと仕上がっているのに、
味は濃厚exclamation×2煮込んでいるワインが美味しいからできる技です。
中に、ショートパスタが入っていたのが面白い。

これでけのボリュームに、さらにお腹に貯まるパスタを入れなくても・・
と思いながら、
美味しいので、これまた、なんの問題もないです手(パー)


DSCN2833.JPG


デザートの、ベリーたっぷりのメルバも、
生クリームの美味しさが際立っています。
これは何?生クリームを泡立てただけなの?
どんだけ美味しいのよ、フランスの生クリームダッシュ(走り出すさま)

私がパリで暮らしたら、
毎日生クリームをホイップしたい衝動を
抑えきれないと思うたらーっ(汗)


次回、パリへ行くときは、ここのホテルを予約して、
宿泊客しか食べられない朝食も夕食も食べてみたいですかわいい
posted by みゆき at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

Thoumieux

DSCN2843.JPG

パリの7区にチャーミングなレストラン
『Thoumieux』があります。

メニューは、自分で組み立てるスタイルですが、
かなりフレキシブルで、
例えば、前菜2品にデザートとか、
メインとチーズだけとか、
臨機応変に組み立てられるのも魅力。

その昔、日本のガイドブックには、
『外国で、前菜だけの注文は大変失礼なので、
どんなに、とてつもない量でも、
ちゃんとメインも注文しましょう』
みたいな事が書かれていましたが、
世界的に、ヘルシー思考の現代において、
外国人も、そんなにガツガツ食べてばかりはいません。

そんな中、

がつがつ注文している外国人、発見目exclamation

   私でーすわーい(嬉しい顔)


前菜のプレートが下げられた後に出てきたパン。

DSCN2845.JPG

  じゃーんグッド(上向き矢印)

見てよ、この山盛りバスケットexclamation×2
ほんわか温かい数種類のパンは、

もちろん、めちゃくちゃ美味しいっるんるん

パン好きの私は、このバスケットとワインだけで、

ああぁあぁぁあーパリに来てよかった揺れるハート

と思えるのである。



DSCN2846.JPG

前菜はラングスティーヌのスープ仕立て。

DSCN2848.JPG

魚料理は鯛のムニエルに、たっぷりの春野菜。

DSCN2849.JPG

リードボーは、新鮮で、とろける味わい。

DSCN2851.JPG

チーズが出てくる頃にはワインも空になり、

DSCN2852.JPG

ディセールは、焼き菓子やムースなど計6品かわいい


数年前から、東京のグランメゾンでも、
最後のデザートの品数が、
これでもかっていうほど出てくるようになっているけど、
これは、ヌーベルフレンチの流れ。

女性としては、なにはともあれ、
デザートが沢山並ぶのは、無条件に幸せな気分ハートたち(複数ハート)


でもって、お店から出たあとは、
すぐ斜め前にある、カヌレの有名店『LEMOINE』で、
小さな『ベベカヌレ』を購入。

カヌレは常温で10日持つので、お土産にもぴったりですかわいい


パリの美味しいお店情報、まだまだ続きますわーい(嬉しい顔)
posted by みゆき at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする