2011年04月18日

ピークラウンジ

お花見も、自粛か推奨かと言っている間に、
東京もすっかり葉桜になってしまいました。

経済活性化の大切さが語られるようになっても、
『贅沢』とか『優雅』という情報は、
なんとなく、後ろめたい。

でも、元気な人が家に引きこもってしまっては、
日本は、どんより暗くなるばかりである。

『ゆとり』を罪悪感としてではなく、
感謝としてとらえてみよう。


ということで、

本日の話題は、
ホテルでのアフタヌーンティ喫茶店

まさに、生命維持に、直接必要のない消費である。

が、こういう日本の豊かさも維持するためには、
消費者が必要なのである。


スコーン..jpg


私のお勧めは
パークハイアット東京の『ピークラウンジ

大きな窓から、燦々と光が溢れて、
気持のよい空間で、優雅な午後のひとときが過ごせます。

こちらのアフタヌーンティの特徴は、
数種類の季節のお茶や、ハーブティ、コーヒーなどの
飲み物が、すべて何度でもおかわりができること。

厳選された茶葉で、丁寧に入れられたお茶を
3杯飲んだら、もう、充分もとが取れるような、
とてもお得な気分。

スコーンは焼き立てで、ケーキもすごく美味しい揺れるハート
今の時期だと、プレーンのスコーンの他に、
桜のスコーンが、小豆のソースと一緒に供されまするんるん

フィンガーフードと、プチフールは、
何度でも、トレイに運んで来てくれます。

トレー.JPG

この空間で、この内容とサービスは、
かなりリーズナブルわーい(嬉しい顔)

お友達とのおしゃべりや、彼とのデート。
時間を忘れてのんびり過ごした後には、
ちゃんと元気もチャージされていますかわいい



posted by みゆき at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。