2011年04月25日

季節の先

打ち合わせで、大崎に出向いたのですが、
東横線から、武蔵小杉乗り換えの湘南ライン、
乗り換え遠すぎじゃないですかexclamation&question

最後、200メートルは、全速力ダッシュ(走り出すさま)でしたあせあせ(飛び散る汗)

こんなに離れている場合、駅名を変えてほしいですむかっ(怒り)

  いきなりローカルなつぶやきですが、
    この歳で、準備運動なしで全速力というのは、
      朝から、心臓ダメージ大きいのですたらーっ(汗)



本日は、イベントのリハーサルを兼ねた打ち合わせでした。

作ったのは、秋のお肉料理

.みゆき.JPG


食の業界では、もう秋でございます。

レシピは、季節を先取りして考えるものですが、
今回は、『秋』が、なにやら、とても遠くに感じられました。

今朝の朝刊では、電力不足で、
夏の冷房を控えざるを得なくなることを見越して、
「アイスノン」や「冷却シート」の大幅増産を検討という
記事を読み、

額に冷却シートを貼って仕事をするビジネスマンを
想像したりして・・・

地震の被災者を苦しめた寒さの後に
これから来る夏の猛暑を乗り越えて、
木々の梢が色づく季節を迎えたなら、
この状況に、もう少し希望の光が見えてくるのでしょうか。

その先の季節へ、
せめて、時間は優しく人を癒すものであってほしいと思います。


posted by みゆき at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

トリュフオイル

DSC_2592.JPG

今月は、フランスからのお土産でいただいた
トリュフオイルを前菜で使用しています。

お教室では、

DSC_2663.JPG

帆立貝のラビオリの仕上げに使いましたが、

他にも、クレソンのサラダや、カルボナーラに加えても
相性抜群です。

冷たいカリフラワーのスープも、
トリュフオイルを数滴たらすと、格段に高級感アップグッド(上向き矢印)

.カリフラワ.JPG

フレーバーオイルを使うときのポイントは、
つけすぎない事exclamation×2
少量を隠し味程度に使うほうが、効果的です。

とくに、トリュフオイルのように、香りが濃厚なものは、
数滴で充分手(パー)
バケットにつけて、直接オイルの香りを楽しみたい時も、
そのままつけるのではなく、
オリーブオイルをベースに、数滴たらして、軽く岩塩を加える。
という使い方がお勧めです。


数滴で、食卓を華やかにしてくれるトリュフオイルるんるん

上手に使いこなして、
自慢のお料理を、さらにランクアップさせてみてくださいねわーい(嬉しい顔)
posted by みゆき at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

醐杜羽

以前、ブログでもご紹介した、
元町のヌーベルシノワ『エピセ』の後藤シェフが、
関内に新しいお店『醐杜羽Gotou』
を、新しくオープンぴかぴか(新しい)

新しいお店は、個室ベースの作りで、
接待使用を意識したような作りになっています。


本日は7品のランチコースに
キャンティを合わせていただきました。
ヌーベルシノワには、軽めの赤ワインがよく合いますグッド(上向き矢印)


.帆立.JPG


お料理のセンスは『エピセ』の頃と変わらないのですが、
ちょっと、味が変わったかな?
という印象を受けました。


オープンにてまだ2カ月ちょっと。
このお店は、まだまだ美味しくなるはずですexclamation



そう、今日驚いたのは、お店の中で、
お二人の生徒さんとばったりお会いした事。

それも、お二人とも別々にいらしていて、
ばったり、こんなタイミングで三人が一緒になるなんて、
すごい偶然ですexclamation×2

お教室でも、このお店の話題がでましたが、
お料理だけでなく、いろいろなお店の情報交換ができるのも、
楽しみのひとつですよね。


・・・てことは、また昼間からワインを空けてご機嫌な私を
目撃されてしまうということかexclamationがく〜(落胆した顔)

posted by みゆき at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする