2011年03月15日

今日があるということ

今日がある。

当たり前だと思っていた事が、
これほど有難いと感じたことはありません。

引き続き、被災地では厳しい状況が続いています。

横浜でも『計画停電』の発表があり、
暗い所を極端に怖がる長男に、

「地震があった場所に、電気を分けてあげるために、
みんなで、協力して電気を止めるのよ」

と、事前に説明をしました。

結局、停電がなかったことで、混乱もあったようですが、
被災者の事を考えたら、不安や不便など、
口にすることは、できません。

経験のない事態に、前線にいる人々は、
必死に積み上がった課題に
向き合い、対処しているのです。

祈ることしかできない私たちは、
せめて、協力を求められたことを、
従容と受け入れるだけです。


被災地で、黙って給水車の前に並ぶ人々の強さに、
日本人であることの誇りと勇気を与えられたのは、
私だけではないと思います。


どうか、1人でも多くの命が助かりますように。




posted by みゆき at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。