2011年03月02日

FOODEX JAPAN2011

幕張メッセで行われている
   『FOODX JAPAN2011』


DSCN2099 (800x600).jpg

このイベント、なんだか入場基準が細かくて、
関係者以外は入場禁止で、更に、チケットを持っていても、
名刺が2枚ないと、入場できないのです。

名刺入れを忘れてきた私は、
手帳や、財布や、定期入れの中を、探しまくり、
なんとか2枚の名刺を提示。

幕張まで来て、名刺を忘れて帰るなんて
おバカな事にならなくて、よかったですあせあせ(飛び散る汗)

会場は、『食』に関係する国内外の企業やメーカーが、
商品を紹介したり、テーマごとにセミナーを行ったりしていて、
なかなか興味深かったです。

特に外食産業の分野は、すごいですね。
「湯で置き」できる麺とか、(時間が経っても、まるで打ち立ての歯ごたえ!)
薬膳のシーズニングとか、(ふりかけるだけで、薬膳料理!)
溶かすだけで、濃厚な中華スープとか。

手をかけ、改良し、新しい調味料を作り、
画期的な製法を生み出し、
きっと、食の分野は、これからもどんどん進化していくのでしょうね。

ただ、私は、
『食の進化』は、もしかして『味覚の退化』にも
繋がってしまうのではないかという危険も感じています。

利便性と味の追求、栄養素と環境問題。

私の教室では、どのような食材をどのように調理し、
何を伝えたいのか。

そんな事を、今日はちょっぴりまじめに考えた一日でした。


posted by みゆき at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。