2011年01月10日

ランベリー

昨日は、私の誕生日だったので、主人とディナーへ。

レストラン『ランベリー』

DSCN1769.jpg

以前は、根津美術館の先にありましたが、
昨年6月に現在の表参道駅からすぐの場所に移転して、
随分アクセスがよくなりました。

前のお店の長いエントランスも良かったのですが、
私は、こちらのお店の雰囲気のほうが好きです。

そして、銀座『オストラル』時代から、
進化を続けている岸本シェフのお料理も素晴らしいものでした。

もう、全てのお料理が「感激揺れるハート」だったのですが、特に印象に残るのは、


トリュフの香りの立ち方が半端じゃなかった事exclamation×2


DSCN1782.jpg

トリュフを使ったお皿が数品出ましたが、
こちらは、長時間煮込んだ大栗の上に、トリュフがたっぷりハートたち(複数ハート)
キャラメイゼした林檎と、ソーテルヌを使ったソースとの相性もよく、
食べ終わってからも、トリュフの香りが、ふんわり残り、至極幸福黒ハート

でも、高級食材を「どうだ!」と連用するのではなく、
素材に重きを置いて、ひとつひとつの食材を、丁寧に調理し、
その個性を引き出す調理法が、シェフの素晴らしいところ。


DSCN1780.jpg

たとえば、これ。
これは、なんと、『蕪の塩釜』

蕪が主役の一皿。
岸本シェフにかかると、こんな感じに。

DSCN1781.jpg

蕪もこれだけ、手をかけてもらえれば本望だ。


DSCN1785.jpg

メインは、仔猪の炭火焼き。
猪といえば、安いツアーの温泉街で出てくる猪鍋を思い出してしまうが、
いやはや、こちらの猪は、臭みも固さもなく、
濃厚な赤ワインノースと、花梨のピュレが、
力強い冬のジビエである。

その他、食べきれないくらいの量が出ましたが、
どれも、繊細で迫力がありドラマティックでしたぴかぴか(新しい)


年明け早々、私の今年の美味しいレストランベスト3の中には、
絶対入りそうな勢いグッド(上向き矢印)


今年も、美味しいスタートが切れて、
なんだか、いい年になりそうな予感るんるん

DSCN1791.jpg



posted by みゆき at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。