2010年11月10日

結婚観

今日は、仕事の打ち合わせに出掛け、
終了後、ひとりランチレストラン

画像 1261.jpg

こんな形のパスタを、白ワインと一緒にいただいていると、

お隣の席に座った30代前半らしき女性グループの声が耳

いや、別に聞き耳を立てていたわけじゃないのだけど、
近くなので、よく聞こえてしまう。


「そうそう、やっぱり、手堅く、決めちゃえば?」

「彼は、家事全般完璧だし、いいパパになりそうだし」

「けっこう自由にさせてくれそうだし」

「だよね、条件としては、悪くないよねー」



現代においては、
『家事ができる』『良いパパキャラ』『自由の保障』
は、結婚の条件の中で、高位置を占めるらしい。


思い返せば、私の時代の結婚条件は
『高収入』『高学歴』『高身長』と

今更、本人の努力でどうしようもない事どんっ(衝撃)

を、声高に言う、女の傲慢さが許された豊かな時代だったのだ。

『料理上手な夫』や『育メン』は、
これから、頑張ればなんとかなるexclamation×2

男子の結婚のためのハードルは低くなったのかexclamation&question

結婚率は低下しているし、現状はそうでもなさそう。

たぶん、女性の求めている物は、そんな単純なものじゃないから。


「男も料理くらい出来なきゃ」
と言いながら、
自分もちゃんと料理教室で腕を磨く。

そんな賢い女性が、
私のお教室にもたくさんいらっしゃいます。

そういうのって、ちょっとカッコイイです。


不況の時代を生きる女性は、
言いたいことを言い放つだけではなく、
その言葉を根にして、自分自身も成長させる。

日本の男性も、もっともっと
かっこよくなってほしいですねグッド(上向き矢印)





posted by みゆき at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。