2010年09月25日

醤油

DSC_1261.JPG

最近、こういうパウチに入った醤油を見かけます。

これは、ヤマサの『鮮度の一滴 特選しょうゆ』という商品。
醤油が空気に触れないとめ、酸化を防ぎ、鮮度を保てるため、
あけたての色と味が長く持続するのだそう。

そもそも、醤油の鮮度なんて気にしたことがない。
お肌の変化のほうが、気になるもーんexclamation

という、あなたexclamation 私もだがあせあせ(飛び散る汗)

お醤油の鮮度というのは、意外と侮れないのであーる。
日本の和食の要の調味料だものね。

といことで、お醤油の味がダイレクトに感じられる料理といえば、
やぱりお刺身ぴかぴか(新しい)


ヤマサ醤油を使って、刺身料理を作ってみよう手(グー)


用意するもの。

まぐろの刺身 1さく。
これを、サイコロ上に切る。
醤油大さじ2、ゴマ油大さじ1、わさび少々を混ぜ合わせたものに、
漬け込む。

アボガドは、皮をむいて潰し、ペースト状にする。

トマトは湯むきをして、サイコロ状に切る。

寿司飯を用意する。

順番に盛り付ける。
(寿司飯→アボガド→トマト→まぐろ の順)


DSC_1244.JPG

こんな感じになる。

周りに、まぐろを漬け込んでいた、醤油たれをかける。

大葉の千切りを乗せて出来上がりるんるん


面倒なら、まぐろを醤油だれに漬けたものを、
寿司飯の上に乗せるだけで決定
大葉や、かいわれ、刻み海苔、白ゴマをトッピングすると
美味しいですわーい(嬉しい顔)

あまり、気にしないで使っていた調味料を味を、
意識しながら、料理を作ってみると、
また、新しい発見があるかもしれません。


ヤマサさんから、生徒の皆さまへ、このお醤油をいただいたので、
来月のレッスンで、お渡しますねわーい(嬉しい顔)


posted by みゆき at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

9月のレッスンメニュー

DSC_1138.JPG DSC_0531.JPG

IMG_9888.JPG DSC_1164.JPG


急に寒くなりましたね。
今日は、秋の気配を通り越して、冬exclamation&questionを思わせる1日でした。

さて、9月にお教室でご紹介したメニューは、
前菜に、フルーツと野菜を使ったカッペリーニを作りました。
サラダ感覚で、召し上がっていただける、冷たいパスタです。

2品目の前菜は、海老とアスパラを使ったエスニック仕立てのココット。
ブイヨンは使わず、素材の旨みを引き出します。

メインは、地鶏を使ったテリーヌ。
驚くほど簡単に、おもてなし料理の定番メニューが作れまするんるん
憧れのテリーヌが、ぐっと身近に感じていただけたかと思いますわーい(嬉しい顔)

デザートは、無花果のコンポート。
私自身、無花果の季節になると、必ず数回は作るお気に入りレシピです。
無花果の香りのジュレを添えて、上質なデザートに仕立てました揺れるハート


来週はもう10月。
しっかりと秋を感じられるレシピをご用意して、
お待ちしておりますわーい(嬉しい顔)


posted by みゆき at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

BLTステーキ@ワイキキ

DSCN1208.jpg

2009年末にワイキキにオープンした
『トランプ・インターナショナルホテル』
超高級で、究極のラグジュアリー・ステイが、楽しめると、
話題のホテルの中にあるステーキハウスが、

『BLT ステーキ』

BLTというのは、サンドイッチの種類じゃなくて、
ビストロ・ローラン・トゥーロンデルの略。
フランスのセレブシェフのお店です。



アメリカでお料理教室をしていた、K先生に、
「ハワイでセレブリティシェフのお店に行っても、
どこも、お味はいまひとつなのよね」
と、聞いていたのだけど、
「でも、ドライエイジされたお肉は、日本より美味しいかも」
と、いうことで、ステーキメインのお店をチョイスレストラン

6時からの予約で、まだ外は明るく、
外のテーブル席を希望し、開放的な雰囲気でお料理をいただきました。


DSCN1212.jpg

最初に出てきたレバーペーストは、サービスのアペタイザー。
この時点で、シャンパンから、赤ワインに切替たくなるような、
濃厚な旨みがありました。


DSCN1213.jpg

前菜には、ロブスターコブサラダを。
美味しいけど、すごい量たらーっ(汗)

DSCN1216.jpg

一緒についてくる、ポップオーバーも、この大きさたらーっ(汗)



そして、お待ちかねのステーキ登場るんるん

DSCN1217.jpg

1番小さいサイズでも、200gあります。
このお店のお肉は、ドライエイジングミート(乾燥熟成)ではなく、
ウェットエイジングミートだったと、後で気付くのですが、
でも、お肉は確かに美味しいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

日本のお肉は、高級になればなるほど、霜降りで脂っぽくなる
傾向にあるけど、こちらのお肉はさっぱりしていて、
しっかりと肉の味が感じられるし、たくさん食べても、もたれない。

肉好きの私としては、とても好みですわーい(嬉しい顔)



DSCN1221.jpg

デザートのクレープスフレも、この1/4の大きさなら、
誠に美味しく感じられたと思うのですがあせあせ(飛び散る汗)

ハワイは、高級と言われているレストランも、
気さくで明るいし、味はざっくりと、大味だけど、
お肉は美味しいですね。


そうそう、シェラトンワイキキの30階にある
レストラン『ツイスト・アット・ハノハノ』の
お肉料理も美味しかったです。

DSCN1118.jpg

仔牛の煮込み オッソブッコ。
日本で食べる仔牛とは、違った風味と味わい。
お肉は美味しかったけど、前菜やデザートは印象薄いです。

ハワイはシーフードが有名っていうイメージもあるけど、
私は、肉食パラダイス というイメージを持ちましたが、
いかがでしょうか?






posted by みゆき at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする