2010年05月30日

シュマン


ひろこさんと、文通を始めて約15年。

メールも、携帯も、ほとんど利用せず、
ペンと便箋で書き綴った手紙は、15年の間に
かなりの量になります。

「ゆっくりお食事でもしたいですね」

と、手紙に書いてから、3年?5年? とにかく、
数年ぶりに、一緒にディナーをすることになりました。

ひろこさんからのリクエストは、

メモ千代田線沿いで、アクセスがよく、
せっかくだから、少しお洒落をして、
ゆっくりお食事ができるところ。

で、私が選んだお店は、
赤坂から徒歩3分のフレンチ『シュマン』

ドレスコードは一応ありますが、堅苦しいお店ではなく、
気持ちよく会話を楽しめる雰囲気のレストランです。


DSCN0579.jpg DSCN0581.jpg
DSCN0582.jpg DSCN0587.jpg
DSCN0591.jpg DSCN0593.jpg


お料理も美味しかったですが、
今回は、何よりも、
ひろこさんの写真を撮らなかったことに、大後悔ふらふら

この日の、ひろこさんは、お着物で登場ぴかぴか(新しい)

フレンチに着物って、すごく粋でしょっハートたち(複数ハート)

「2歳の子供がいるから、ゆっくり外で食事をしたのは
本当に久しぶりるんるん

と、おっしゃっていましたが、きれいにネイルをされて、
自分でさっと着付けられるというのが、またカッコイイハートたち(複数ハート)

返事に数日かかる手紙も、やりとりに時間がかかるからこそ、
心に残ることもたくさんあるのですが、
お洒落をして、美味しいものを食べながら、実際に会って
とりとめのない会話をするライブ版も、時には必要だよねと、
かなりアナログな私たちの結論でしたひらめき


楽しい時間はあっという間に過ぎ、

「また、お便りしますね」と挨拶をして、

シンデレラママは、2歳のお嬢さんが待っている自宅へ
帰って行かれました。


「私も、またお便りします」


posted by みゆき at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

白楽ティーハウス

白楽駅から、徒歩3分くらいのところにある、
『白楽ティーハウス』

DSCN0516.jpg

こちらのお店は、木、金、土 しか営業していないのですが、
生徒さんにもファンが多く、お教室のある日には、
必ず買って帰るという方もいらっしゃいます。

ネット販売も出来ます。HPはこちら

でも、できれば、是非実際に伺って紅茶を
選ぶことをおすすめしまするんるん

オーナーのマダムがとにかく素敵なのですハートたち(複数ハート)

美は1日にして成らず というけど、
気品も1日にして成らず だexclamation

と、上品なマダムにお会いするたびに思うのです。


今月、レッスンの前にお出ししているウェルカムティーは、
こちらのお店の『エルダーフラワー・コーディアル』

DSC_0771.JPG

エルダーフラワーというハーブを
シロップ漬けにしたものを抽出したエキスで、
マスカットのような爽やかな香りがします。

アルコールが苦手な方は、
このハーブを炭酸で割ると、シャンパンカクテルような
風味が楽しめると、マダムがおっしゃっていました。

素敵ですかわいい

posted by みゆき at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

ラール・エ・ラ・マニエール


いつも、私のブログの読んで、コメントをくれる母なのですが、
そのコメントのほとんどが、

「こんなものばっかり食べてると太るわよexclamation×2

である。 そう言われても・・・

食べるのも、お仕事ですから手(パー)
(本当は自分が食べたいだけですがあせあせ(飛び散る汗)


そして、週末のディナーで伺った銀座のレストラン
『ラール・エ・ラ・マニエール』

DSCN0527.jpg

テーブルには、真紅のバラとキャンドルの炎。
モダンで洗練された雰囲気です。

こちらのディナーは、母がまた

太るわよー、太るわよー、太るわよーー携帯電話

と、悪魔の呪文のようなメールを送ってきそうな内容。

DSCN0529.jpg DSCN0531.jpg

DSCN0532.jpg DSCN0534.jpg

DSCN0535.jpg DSCN0538.jpg

DSCN0539.jpg DSCN0542.jpg

DSCN0545.jpg DSCN0556.jpg

品数は多いですが、美味しいので完食必至exclamation×2

30種類以上の野菜を使い、ソースも素材のジュを
基本にして、丁寧に、香り豊かに仕上がっています。

お肉も低温で5時間位かけて火を入れているので、
しっとりした味わい。

全て軽やかで、洗練されたお料理なので、
次から次へ、わくわくとした時間が流れます。

さすがに最後のミルフィーユは、
あまりの量のため、全て食べることは出来ませんでしたが。

DSCN0553.jpg 写真じゃ分からないけど、

4人分くらいありましたあせあせ(飛び散る汗)

でも、焼き上がったばかりのパイ生地のサクサク感と、
すっと溶けるようなパティシエールクリームは、

素晴らしく美味しかったですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


お店は昨年9月にオープンしたので、
まだ、赤い本には載っていませんが、

今年のミシェランでは、間違いなく星を獲るお店です。

今なら、まだ予約も取れるので、
時代をリードするフレンチを食してみたい方は是非るんるん


ウェイトコントロールについては、
各自お考え下さい手(パー)

posted by みゆき at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする