2010年04月27日

ジャムとスコーン

ジャム4.jpg

この時期、小粒の苺が出回ると、
やはり、作りたくなる、いちごジャムかわいい

苺600g、砂糖170g、りんご搾り汁30cc、レモン搾り汁30cc

とにかく、鍋で煮詰めるだけですが、
ポイントは、しっかりとアクを取ることexclamation

しっかりアクを取ると、すっきりした甘味の
美味しいジャムが出来上がりますわーい(嬉しい顔)

私は、お教室で使った残りのバニラビーンズのさやも、
一緒に入れて、香りを出します。

アクが出なくなり、とろみがついたら出来上がりexclamation

ジャム3.jpg ジャム.jpg

旅先で見つけたお気に入りのジャム入れ。
朝、数種類のジャムが並んでいるだけで、
豊かな気分になれまするんるん

ジャムを作ると、同時に作りたくなるのが、スコーン
フードプロセッサーを使うと、あっという間に作れます。

材料

薄力粉100g、強力粉100g、塩小さじ3/1、砂糖大さじ3
ベーキングパウダー大さじ1、バター60g、
サワークリーム40g、卵1個、牛乳50cc

作り方
@強力粉、薄力粉をフードプロッセサーに入れて回す。
A塩、砂糖、ベーキングパウダーを加えて回す。
B冷たいバターを加えて回す。
Cサワークリームを加えて回す。
Dほぐした卵と牛乳を加えて回す。

と、

スコーン.jpg こんなふうになる。

ポイントは、バターを冷たくしておく事と、
2p角くらいに切っておくこと。
フドプロッセッサーにかけて、バターがさらさらの状態に
なればよい。

生地がひとまとまりになったら、すぐにスイッチを切り、
回し過ぎないこと。


E強力粉(分量外)をふりながら、
 2p弱くらいの厚みに伸ばして型を抜く。


スコーン2.jpg


F210度に温めたオーブンで10分前後焼く。



スコーンジャム.jpg

スコーンといえば、クロテッドクリームですが、
私は、生地を作る時に残ったサワークリームと、
ジャムをつけて食べます。

サワークリームの酸味とジャムの甘味が調和して、
とても美味しいですよわーい(嬉しい顔)

焼きたての熱々を召し上がってくださいねかわいい
posted by みゆき at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

ワイン試飲会

ピーロートジャパン鰍フワインの試飲会に行って来ました。

先週は時間が取れず、やむなく休日に、
2歳児連れで、行って来ました。

ワイン.jpgワイン2.jpg

会場の中では、自分のグラスで、好きなだけ試飲可。

ベビーカーを押しながら、次々にワインを試飲する姿って、
あまり、知り合いには見られたくないですねあせあせ(飛び散る汗)

『仕事中』という腕章が欲しいなぁ・・と思いつつ、
テイスティングを重ねるうちに、かなりいい気分にグッド(上向き矢印)

帰りに、大さん橋で、

「ぶーーん、飛行機だよ飛行機台風

と言いながら、ベビーカーを、ぶんぶん押して、
子供を怖がらせていたのは、私ですドコモ提供あせあせ(飛び散る汗)

posted by みゆき at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

料理写真

浦田様.jpg

このポストカードは、私が作って写真に撮ったクッキーを、
フォトレッスンで、お世話になった本多先生が、編集して、
ポストカードにして下さったものですが、
同じ写真でも、手の入れ方、というか手の加え方によって、
随分と素敵になってしまうのだと、改めて感じました。
カフェのショップカード風でしょ喫茶店わーい(嬉しい顔)

先週は、本多さんが私のお教室のレッスンに参加して
下さいました。

レッスンで作ったお料理を、さらさらっとカメラで撮って、
早速ご自分のブログでも、紹介して下さっているのですが、
その写真の、またまた素敵な事!

是非ご覧下さいませわーい(嬉しい顔)
こちらからるんるん

同じ材料で、同じレシピを使っても、
作る人によって、全く違う味に仕上がる料理と同じように、
センスや個性が出る創造の世界は奥が深い!のですねexclamation

私も日々精進していきたいと思いますiモード
posted by みゆき at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする