2018年11月13日

高級食パンブーム

菊名に行く用事があり、歩いていると、
行列のパン屋発見👀

あ、このお店、東京の清瀬にあって、
料理雑誌に取り上げられていました。
菊名にも出来たのですね。

こちらが、そのパン屋さん

IMG_2063.jpg

   『考えた人すごいわ』

これが店名です。

こんなに美味しいパンを、考えた人すごい。
と言ってもらえるように。
という由来だそうです。

普通の食パンと、レーズン食パンだけの、
今流行りの高級食パン専門店。

2斤サイズのパンが1本800円。

IMG_2069.jpg

なにがすごいかって、
この店名を考えた人がすごいって思います。

SNSで店名を書くと、この店に繋がるから、
店名ではなく、お店の評価のように見えるのです。

お店のお持ち帰り用の袋にも、
店名が、目立つようにデザインされていて、
目を引くようにできています。

お店の作りも、売り方も、
しっかり戦略が練ってあって、
本当に「考えた人すごいわ」と、
思わず、つぶやいてしまいました。

あと、自分でスライスすると、どうしても厚く
なっちゃうのよね。
2斤あるのに、9枚くらいになってしまった💦
これも、戦略か

・・いや、
これは、私のスライスが下手なだけか💨

posted by みゆき at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

11月レッスン

秋も深まり、今月のお教室では、
身体の中を温め、
調えるレシピをご紹介しています。

ベースはフレンチですが、
スープに、アーモンドを使ったり、
ソースに、味噌や酢を使い、
なるべく、自然なものにこだわって、
子供から大人まで、安心して美味しいと
言っていただけるようなレシピに
仕上げました。



食欲の秋。
美味しいお料理と、食卓を囲む笑顔で、
まんぷくな毎日をお過ごし下さい。


posted by みゆき at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

オデリスドドディーヌ@大門

大学時代の仲間と、1年ぶりの集まり。

場所は、浜松町からも、大門からも、
歩いてすぐの、こちらのビストロ。

芝み.png



お値段も手頃で、ビストロの定番料理の
シャルキュトリーの盛り合わせや、
サラダニソワーズ、豚肉のロティなどが、
メニューに並びます。

仲間で、わいわい飲んで楽しむには
ぴったりのお店。

そのため、お客さんの年齢層は若めですが、
学生時代の仲間なら、
きっと、これくらい元気のいい店のほうが、
盛り上がります。

芝みみ.jpg

この日は、友人の1人が、転職をして、
それが、とても素晴らしい選択だったので、
みんなでお祝いをしました。

ずっと挑戦。まだまだ前進。

同級生の頑張っている姿は、
何より励みになります。


posted by みゆき at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

竹の菜箸

菜箸には、なんのこだわりもなかったので、
いつも、適当に選んでいましたが、

毎回、違うメーカーの菜箸を買って、
使う時に、長さやデザインが、片方づつ違って、
ストレスを感じたり、

紐がついているものを、買い直し、
洗う時に、こんがらがって、余計に使いにくく
なったり、

意外とやっかいなものでしたが、

そんな、悩みが吹き飛ぶ、菜箸見つけました。

IMG_1997.jpg

『大宮竹材工芸』の菜箸

太さも、長さも、強度も、完璧な菜箸です
その上、焦げにくい(ような気がする)

どちら側からも、つかめるので、
朝、急いでお弁当を作る時などには、
本当に重宝します。

たかが菜箸
されど菜箸

いい道具を見つけました。




posted by みゆき at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

プリモ@馬車道

馬車道にあるイタリアン『プリモ』

前回、ランチに伺った時、
ソムリエのワイン選びが素敵だったので、
今回は、ディナーでしっかりと、
お食事とワインを頂きました。

IMG_1864.JPG

お店側としては、
飲ませたいワイン、飲んでほしいワイン、などなど、
きっと思惑はあるのだと思いますが、

「とにかく、お客さんに喜んでほしい」

という純粋な熱意が伝わる、若いソムリエは、
一途に、まっすぐな仕事をしていて、
好感度高し!!

ああ。いつから、
『頑張っている若者』を微笑ましく感じながら、
酒を飲むような、初老になってしまったのか

まあいい。
美味しいワインと料理。
そして、『一生懸命』な若者たちが作る空間は、
明日への自分に
「もう少し、頑張ろうや」
という気持ちを回復させる力があります。

また伺います。

posted by みゆき at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする