2017年03月26日

ひとり旅@別邸仙寿庵A

ひとり温泉♨の続き
別邸仙寿庵でのお食事。

お部屋の数の分だけ、
個室の食事処が用意されていますが、
私が案内していただいた『響』というお部屋が、
とっても素敵でした。

まず、入口の扉

DSC_2749.JPG


茶室のような、小さい入口。
腰くらいの高さしかないので、
くぐって入るのですが、照明がほのかに照らされて、
なんだか、わくわくします。

中は、

   まるで秘密基地のよう

DSC_2747.JPG

正面は、お庭が見えるガラスになっていて、
天井が高く、小さいけど圧迫感はまるでありません。

この個室、本当に素敵

たぶん、ひとり用だと思うのですが、
ここなら、食事の時もリラックスして、満喫できます。

正面に、スピーカーが設置されているので、
好みのCDを選んでから、食事がスタート



20170326_164240-COLLAGE.jpg


お料理は、春の訪れを表現した懐石料理。

IMG_20170326_1.jpg

どれも、とても美味しかったのですが、
空間が、あまりにも衝撃的なインパクトだったので、
頭が、ぼうっとして、正直、よく覚えていません💨

夢のような、至福の時間だった記憶だけが残っています。


朝も、同じ個室に案内してもらいましたが、
昼間の日差しの中でのいただく朝食も、清々しく、
気持ちのよいものでした。

DSC_2774.JPG

あっという間の1泊旅行。
素晴らしい宿にめぐり会えました。

また、来たいな。

子供達も連れて来てあげようか。
夫婦だけのほうが、ゆっくりできるかな。
両親を誘ってもいいかもしれない。

でも、

また、ひとりで来ちゃいそうな予感がする(笑)

しっかり充電も完了したので、
新しい、季節に向けて頑張ります❗



posted by みゆき at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

ひとり旅@別邸仙寿庵@

年度末、あまりの解放感に、
ひとりで、群馬県 谷川温泉へ行ってきました。

選んだ宿は、

この1年、何かと気ぜわしい日々の中、
「すべて終わったら、ここに逃亡!」と決めて、
ブックマークしていた宿です。

DSC_2777.JPG

IMG_20170324_5.jpg


何も考えていませんでしたが、
群馬は、まだ、冬 でした。💦

どうも、この風景にちぐはぐな、スプリングコートなど、
着て来てしまいましたが、温泉なら雪景色もまた良し。

ここは、フランスに本部がある『ルレ・エ・シャトー』の
加盟旅館で、厳格な審査基準を満たした、美味、名湯の宿。

こだわりは、最初のチェックインのラウンジから、

IMG_20170324_2.jpg

ゲストカードを書くための、ペンを選ぶのですが、
これが素晴らしいコレクション!!(密かに文具好き)
ただ、名前と住所を書くだけに、こういうこだわり、
好きです💓

ラウンジでは、珈琲とお菓子をいただき、
お部屋では、温かいお饅頭と、地元のお漬物が用意されていました。


IMG_20170324_3.jpg


美術館のような館内を通って、案内された客室がまた素敵

ひとりでは、もったいないくらい、広いお部屋です。
奥の椅子が座り心地よくて、
ここで、ぼーっとしばらく窓の景色を眺めていました。

DSC_2723.JPG

谷川岳の麓、目の前に見える木々は桜と聞き、
滞在2時間にして「リピ決定!」
春の名残の雪景色も、素敵でしたが、
窓の外が桜色になったら、きっと圧巻だと思います。

そして、お部屋の露天風呂がこちら

DSC_2726.JPG

この宿は、全てのお部屋に、
源泉かけ流しの露天風呂がついています!
    しかも広い

ここに、寝そべって、ほろほろ舞う雪を見ていると、
   

DSC_2727.JPG


本当に「ああああ、頑張ったなあ私」
と、思えてくる。
いや、世の中、みんな頑張っているのだけど、
この至極の時間の言い訳のように、思わず
口から出てしまう。

この石の枕が、首元にぴったりはまって、快適で、
動けないので、変な石像みたいになります。
(でも、ひとりなので、へっちゃら)


そして、ひとり温泉といえば、
スパでのトリートメントも欠かせません。

IMG_20170324_4.jpg

こちらでは、デクレオールを使ったトリートメントが
受けられます。
そういえば、お部屋のアメニティもデクレオールでした。
バスアメニティは、モルトンブラウン。
スキンケア用品持たずに泊まれますね。

事前に、
ストレスケアのトリートメントを予約していましたが、
ここに着くなり、ストレス解消しちゃったので(単純)、
リラックストリートメントに変更してもらいました。

あああ、ひとり温泉、最高

食事編は、また明日書きます🎵



posted by みゆき at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

春の日差しの中、
今日のランチは『菜の花とあさりのスパケッティ』
にしました。

IMG_20170322_1.jpg

風はまだ冷たいですが、
暖かい春は、すぐそこですね。
posted by みゆき at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

子供会 役員会

今年度は、子供会の会長を務めており、
昨日は、最後の役員会を兼ねて、
うちで、アペリティフ・ミーティングを行いました。

IMG_20170318_1.jpg


いやはや、本当に大変な1年でした。

夏祭りの準備に数か月かけ、
真夏の炎天下の中で、山車を引き、縁日を開催。
毎月の自治会定例会と、区の子供会連合会。
交流会では、イベントを企画し、
手作りで玉入れのボールを作るなど、
全て1からの取り組みでした。
地域の運動会には、打ち合わせ、人数集めから参加。
『インディカ大会』では、初めての耳にする競技に
戸惑い、防災訓練では、消防団の方々と、
「放水開始!」とホースを持って走り、年末は
「火の用心!」と地域を回り、
バザーでは、狸の置物を皆で「誰か買うのかな?」と
言いながら、売ったりしました。

他にも、本当にいろいろな行事やら、調整やら、話し合いやら、
この1年で、地域のしくみがよく理解できました。

子供会の役員同志、力を合わせ、よく頑張りました!!

「これは私がやるね」「これは私が行っておくから」
そんなふうに、どんどん仕事をこなしていけるメンバーに
巡り合えたことに、感謝しています。

どんな経験からも、学ぶべきことはあり、
新しい人間関係の中からは、必ず得るものがあります。

ゴールまであと少し!
最後まで頑張っていきましょう🚩



posted by みゆき at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

精養軒

週末のお墓参り。
その後の食事会に、87歳の叔母が指定した店が
上野の精養軒。
日本のフランス料理の歴史を作った草分けの精養軒。
実は、上野の本店に行くのは初めてなので、
ちょっと楽しみに、予約を取りました。

子供達に、
「今度の週末は、精養軒に行くのよ

と言うと、子供は渋い顔。

「うー⤵⤵、行きたくないなあ💧」

 なんで?!

よく聞いてみると、
『精養軒』を『日能研』の姉妹校だと思ったらしい。
週末に、新しい塾に連れて行かれると思ったのねー。
笑える。


精養軒は、カジュアルな『カフェラン ランドーレ』と、
本格フレンチの『グリル フクシマ』に分かれていて、

今回は、夏目漱石や森鴎外の文学作品にも登場する
メインダイニング『グリル フクシマ』へ。

DSC_2658.JPG

クラシカルな店内は、
格式が感じられる落ち着いた雰囲気。

カトラリーやグラスも歴史を感じる素敵なものでした。

DSC_2662.JPG

お料理は、味も見た目も正統派。
フレンチの教科書に出てきそうなコースです。


IMG_20170315_1.jpg


87歳の叔母は、大絶賛。
昔、美味しいと感じたフランス料理の味、そのものだと
言っていました。

フレンチの原点。この味を経てきた歴史を
舌に記憶させたいと思った昼のひとときでした。

posted by みゆき at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする